2010年07月20日

お台場合衆国

こんにちはexclamation
家で猫猫を飼っているのですが、最近暑くなったせいか
あまり寄ってきてくれなくて寂しい・・・バッド(下向き矢印)ダイトクです。

さて、7月17日からお台場合衆国が開催されました。
私はお台場に行った事が無かった事もあり、
三連休中に友人と一緒にお台場合衆国に行ってきました電車

ちょうど梅雨雨も明け、とても良い天気晴れの中行く事が出来ました手(チョキ)
フジテレビの球体展望室「はちたま」に入ってみたり、
踊る大捜査線シリーズのブース「湾岸ミュージアム」に行ったりと、
フジテレビを満喫してくる事が出来ましたexclamation×2

今回は、残念ながら芸能人の方に会う事は叶いませんでしたが、
「めちゃイケ」ブースにて、「サザエさん」の名脇役「穴子さん」に会う事が出来ましたわーい(嬉しい顔)
運が良ければ、穴子さんから名刺チケットがもらえるそうなので、
行く予定のある方は狙ってみるのもアリかと思います。

他にも楽しそうなブースは沢山ありましたが、その中でも気になったのは、
SCEJ(Sony Computer Entertainment Japan)ブースにて紹介されていた、
プレイステーション3用周辺機器「PlayStation Move」でしたexclamation
PlayStation Moveは、
 ・加速度センサー
 ・ジャイロスコープ
 ・地磁気センサー
の3つのセンサーを搭載しており、
傾き(+方位)を検知出来るようになっているそうです。
さらに、コントローラ先端にあるスフィア型ライトを
PlayStation Eyeカメラでとらえる事で、    
x, y, z座標を割り出す事が出来るようにもなっているそうです。
z座標はカメラがとらえたボールの大きさによって割り出し、
複数プレイヤーの判別はライトの色によって行われているようです。
ちなみに、発光する色はカメラが捉えた背景の中に無い色を感知して決まるそうです。
学生時代に、Wiiコントローラをテレビ側に固定して置き、
赤外線ライトが付いた棒を動かして文字を書くといったプログラムを
作った事があったので、なんだか親近感を覚えましたわーい(嬉しい顔)

「PlayStation Move」だけではなく、Microsoftからは「Kinect」が、
任天堂からは「ニンテンドー3DS」が出たりと、新技術は目白押しなので、
そういった技術を利用して、今までにないゲームを作っていきたいと思いますexclamation×2

//---- 参考ソース
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kaigai/20100317_355054.html
http://www.kotaku.jp/2010/03/ps_move_wiiremote_comp.html

posted by 管理人 at 14:45 | Comment(0) | 日記

2010年07月16日

ゾンビ!

こんにちは、ソータです。
以前の日記で体重が80kg台に突入したと書いたのですが、
あれから2ヵ月経って遂に体重が84kg台にまで落ちました!
このペースでクリスマス雪までに70kg台前半になるよう、
頑張りたいと思います!!

-----------------------


さて、今回は私が最近購入・プレイした、
『Last Night on Earth』というボードゲームを紹介したいと思いますexclamation

このゲームは簡単に言うと
「人間がゾンビモバQの群れの中でいかに生き残り、目的を達成するか」
というゲームです。

ゲームはゾンビを操作するプレイヤー1人、
人間キャラクターを操作するプレイヤー複数人に分かれてプレイします。
人間・ゾンビはそれぞれ以下の様な特徴を持っています。
次項有 人間 : 移動速度が早く戦闘でも負けにくいが、ゾンビを倒しにくい
次項有 ゾンビ : 移動速度は遅いが、障害物を乗り越えて移動でき倒されにくい
また、人間・ゾンビにはそれぞれ専用のカードハートがあり、
それらを上手く使って窮地を切り抜け、あるいは相手を追い込みます。

詳細なルールは多少複雑で、長くなってしまうので説明は省きます。
日本語版が出ていないので日本語のルール解説ページは見つけ難いですが、
概要はこのゲームを輸入・販売しているa-gamesさんのサイトで見てもらえるかと思います。

このゲームはほとんどの事項をダイスの判定で決定するので、
どんなに強力な武器を持っていても負ける時は負けてしまいますもうやだ〜(悲しい顔)
そういう意味では戦略性はそこまで高く有りませんが、
ゾンビ映画さながらカチンコに展開が変化していくのが非常に面白いゲームです。

例えば私がプレイしたシナリオは「あるアイテムを4種類集める」というものでした。
アイテムを集めるにはマップ上の建物の中で移動せずに探索を行う必要があります。
プレイヤーは足が速いので、ゾンビと距離を保ちつつ探索を行う事は割と簡単です。
が、ゾンビ側に「同じマスにキャラクターがいる場合、その2人が喧嘩を初めて1ターン動けなくなる失恋
というカードを使われ、2人が喧嘩をして足を止めている間に周囲にはゾンビの群れが…がく〜(落胆した顔)
なんて、ゾンビ映画に本当にありそうな展開も。

このような、ドラマチックexclamation&questionな展開が続くゲームで、最後まで非常に楽しむ事が出来ましたわーい(嬉しい顔)

このゲームをプレイしていて、感情や状況の起伏右斜め下右斜め上を作ることは、非常に大切だなと感じました。
比較的安心出来る状況から一転、ゾンビ側がカードを使って、窮地に立たされた時の緊張感あせあせ(飛び散る汗)
逆に、苦心してピンチを切り抜けたときの爽快感手(チョキ)
緊張感が強い程、その後に得られる爽快感も大きくなります。

より強い敵、難しいステージをクリアした時の方が、より高い達成感を得られますよねexclamation
私もストレスとカタルシス、この2点をより一層意識し、今後のゲーム作りに生かしていきたいと思いますexclamation×2

posted by 管理人 at 21:42 | Comment(0) | 日記

2010年07月15日

ミニ四駆先輩

こんにちはexclamationマイキーです手(チョキ)

今朝、ネットのニュースを見ているとこんな記事を見つけました。
[東京おもちゃショー2010]ミニ四駆の歴史をたどる(タミヤブース)
な、懐かしいexclamation×2
私が小学生の頃、丁度ミニ四駆ブームの真っ只中でした。
それ以前からミニ四駆があった事は知っていましたが、28年も前(1982年)に誕生していたとは・・・。

ミニ四駆といえば、思い思いのカスタムを自分のミニ四駆に施す事で、性能を向上させたり個性をだしたり出来るのが魅力の一つです。
コースに合わせてローラーの位置や数を変えたり、フロントホイールの径を大きめにしたり、ボディを肉抜きして軽量化を図る等沢山のカスタムを施した覚えがあります。
モータのコイルを巻きなおし、素手で受け止めると内出血する程の速度が出るようになったものの、あっという間に焼き切れてしまったのも良い思い出ですふらふら(真似しないでねexclamation×2)。
また、ユーザがカスタムを施す前の素体にも、様々な改良が加えられているようです。
最新の物は私が遊んでいた頃(15年くらい前)の物とは大きく様変わりしているようで、プロペラシャフトを廃し、シャーシの中央に両軸出力モータが置かれているとか。
なるほど、重心を中心に置いて安定性を向上させている訳ですねひらめき

私たちの作っている、いわゆるビデオゲームでも、キャラの育成や装備等でプレイヤー毎に大きな個性を持たせる事が可能です。
またパソコンのゲームでは、MODという形でゲームシステムそのものをカスタム可能なタイトルがいくつもあります。
個人的に、そういったユーザ毎に特色の出るゲームは大好きです。
ユーザ毎に個性的な遊び方が出来、それを他のユーザに「こんなのあるよ!」と伝え、それが更に伝搬して行く耳
正にミニ四駆のカスタムのように、学校でいすネットでiモードあるいは会社でビル話題に上る、そんなゲームがつくれればと思います。

posted by 管理人 at 18:36 | Comment(0) | 日記

2010年07月13日

ワールドカップ

サッカーワールドカップ観戦で寝不足の人、多いのではないでしょうか?
前回はドイツまで行って応援しましたが、今回は自宅から声援を送ってました。演劇「オクダ」です。

スペイン悲願の初優勝ですね。
以前訪れた事もあり、親近感があるので
ゴールの瞬間はガッツポーズで喜びました!手(グー)
陽気で、情熱的で、食事が美味しくて、芸術的で、サッカーの盛んな国です。
サグラダ・ファミリアを見た時は感動しましたね。

以前サッカーのゲームを作っていた事もあり、試合を見ていても
「この動きをするために必要なAIは、、、」
「こんなモーションがあればカッコイイな」
「この演出がゲームにあると盛り上がるな」
「選手の躍動感を出すにはどんな表現がいいのだろうか?」
なんて事を考えている自分に気が付きます。

24時間耐久レースのゲームを作った事もあるので
レースの中継を見ながら
「長時間走るとこんな汚れ方をするんだ〜」
「雨が降った時はこんなエフェクトが必要だな」
「このシチュエーションはゲーム性として使えるなぁ」
などなど、、、

最近行ったディズニーランドでも
色々見てはあれこれ考えを巡らせてました。

そういった事の中からゲーム作りのヒントを得られる事は多いですね。

世界中の人達が熱狂するゲームを作る為、日々努力です!


posted by 管理人 at 20:27 | Comment(0) | 日記

2010年07月09日

「ニムト」

こんにちは、マーシーです。

暑くなってきましたねふらふら
部屋にいるだけで汗をかいてしまう程です。
クーラーという選択肢もあるのですが、
あまり温度を低く設定し過ぎると、今度は肌寒さを感じてしまいますモバQ
人間に最適な室温って何度くらいなんでしょうかね?耳


さて、本日は昨日の懇親会で行った「ニムト」というゲームの紹介をしたいと思います。
元々はドイツで数々のゲーム賞を受賞したカードゲーム「6Nimmt!」。
日本で発売される際に6の部分が抜けて「ニムト」になりました。

このゲームを簡単に説明すると
・プレイヤーに手札を10枚配る。
・場に数字の書かれたカードを4枚出す。
・全員で一斉に手札を場に出す。
・手札を出した時、各プレイヤーが出した手札の中で一番数字の小さいものから順番に「場にあるカードの数字より小さいもののうちで最大のもの」を横に並べていく。
・並んだ数字が6枚になった時、その列の5枚全てを引き取り、自分の出したカードを残す。(引き取ったカードは手札にしない)
・場にあるカードのどれよりも小さい数字を出した場合は好きな列を引き取り、自分の出したカードを残す。(引き取ったカードは手札にしない)
・手札が全て無くなった時、持っているカードにかいてある牛のマークの合計数が一番多い人が敗者。
 (もしくは牛のマークの合計数が一番少ない人が勝者)

懇親会ではプレイヤー全員が手札を場に出すたびに盛り上がりました音楽
また、内容以外にもこのゲームには特筆すべき点があると感じました目

1
同時にプレイできる人数が多く、人数が増えてもゲーム性が変化しない。

プレイ人数が多い時と少ない時でゲーム性が変わってしまうゲームもあります。
その対応として特殊なルールを追加することもありますが、
ルールが増えると普段より複雑さは増しますし、初心者にとっつきにくい印象を与えてしまいます。
ニムトは最大10人までがプレイ可能で、その上特別なルールも必要ありませんでした。

2
人数が増減しても、プレイ時間がそれほど変わらない。

手札を場に出す際は全プレイヤーが一斉にカードを出すので、ある程度プレイ時間が固定されます。
今回のプレイでは最大で7人までしかプレイしませんでしたが、
プレイ人数が増減しても、一度のプレイ時間はそれほど変化しないと思います。

上記の点はデジタルゲームに関しても重要な部分だと思いました。
対戦人数が増えると、ゲーム性が破綻してしまうことは絶対に避けるべきでしょうし、
電車などでゲームをプレイすることが多くなってきた昨今では
プレイ時間が固定できることもかなりのメリットになると感じました。電車

デジタルゲームの枠に捕らわれず、多くのゲームに触れ、様々な刺激を受けて、
よりよいゲームを作成できるようにこれからも頑張っていきたいです。


posted by 管理人 at 14:36 | Comment(0) | 日記

2010年07月08日

内定者懇親会 in 東京開発

こんにちは。さいやん、こと齊藤です。

7月5日に当blogで内定者懇親会のことがとり上げられましたが、
先日お伝えしたのは大阪開発での開催の様子になります。
ヘキサドライブは今年から大阪・東京の両拠点での新卒採用を行っていますので、
今年は東京でも内定者を迎えて懇親会を行いましたイベント
来年からヘキサドライブの一員として活躍が期待される若者を迎えるとあって、
普段は大阪本社に居る社長も上京新幹線して参加されましたexclamation

懇親会は最初に社長からのありがたいお言葉を頂き、
東京開発のスタッフと内定者とで互いの自己紹介、
そして軽食をとりながらの歓談のあと、東京ではゲーム大会を行いました。

20100708_1.JPG

今回は東京開発では初となるニムトというゲームや、ドミニオン等、
みんなで遊べるテーブルゲームで盛り上がり、内定者もすっかりスタッフの輪に溶け込んで、
とても楽しく触れ合うことができましたぴかぴか(新しい)

20100708_2.JPG

こうして少しずつですが着実に成長しているヘキサドライブ。
新たな仲間を迎え、社員一同力を合わせて更なる高みを目指して
今後も新たなチャレンジをしていきたいと思いますパンチ


posted by 管理人 at 22:50 | Comment(0) | 日記

2010年07月07日

七夕

こんにちは。イノウエです!

今日は七夕ですねぴかぴか(新しい)
天気は悪く、天の川を見れそうにないのですが、
織姫と彦星はなんとか会う事が出来れば…と願いますグッド(上向き矢印)
(七夕に降る雨は、二人が流す涙だと伝えられているそうです。一年に一度を逃すなんて、悲しいですものね…もうやだ〜(悲しい顔)


さてさて、本日は、最近かなった些細な願い事の紹介です。

長年願っていた事………
それは、自宅で美味しいコーヒーを飲む事ですいい気分(温泉)
(なんと些細な…あせあせ(飛び散る汗)

様々な情報を集めたり、色々な器具を見たりしながら、
いつか自宅で美味しいコーヒーを…と考えていたのですが、
ようやく実現することが出来ましたわーい(嬉しい顔)

買った器具は、コーヒープレスというものです。
簡単に使い方を説明すると、挽いた豆とお湯を入れてふたをし、
数分経った後に金属フィルターでプレスするだけ。
とても手軽に、美味しいコーヒーをいれる事が可能です手(チョキ)

買ってから初めて飲んだ時は、
あまりの美味しさに感動し、
優雅に喫茶店でくつろいでいるかのようでしたいい気分(温泉)ぴかぴか(新しい)
(実際、部屋の中は喫茶店の香りになります)

ただ、コーヒー豆は時間と共に香りと味が失われていきますバッド(下向き矢印)
三日後くらいから、徐々に香りがなくなり、味も落ち、
セレブな気分から非常に残念な気分に変わっていきました。。たらーっ(汗)

素敵な香りと味に出会えるのは最初だけだなんて、悲しすぎるパンチ
ということで、自ら天の川をかけて出会いの時間を延ばすべく、
コーヒーミルも購入してしまいました。
こちらはまだ試せていないのですが、
きっと素敵な時間をもたらしてくれるはずですひらめき


ゲーム制作者にとっては、
作ったゲームをユーザーが手にとって遊んでくれた時が、
一番感動的な出会いの場だと思います。

近年は開発期間も長くなり、
一年に一度以上に貴重な機会になる事も多いのですが、
その時をより感動的にするため、
また、出会った後も長く感動が続くよう、
地道に頑張っていきたいと思う七夕の日ですわーい(嬉しい顔)


posted by 管理人 at 11:33 | Comment(0) | 日記

2010年07月06日

さよなら乙女

こんにちは〜。
最近ファッションが迷走している(らしい・・・)、しばやんでするんるん

ビールのおいしい季節になりましたねビール
だんだん日が長くなってきているので、仕事を終えて会社を出ると、
「あ、まだ明るい!」とうれしくなって、ついつい寄り道したくなりますグッド(上向き矢印)

ですが、これからの季節、冷たい物の摂りすぎや
食事のバランスには、気をつけないといけませんね手(パー)

ヘキサでは、オフを利用してジムに通ったり、フットサルをしたりと
体力づくりをしているメンバーが増えてきていますが、それと同じくらい
栄養バランスのよい食事に対しての意識も高まればよいな〜と、最近思っています。

いいえ、思っているだけではありませんexclamation&question
開発部のサポートを担う私としては、みなさんの健康にも
目を光らせないといけないのです目

毎日お昼に同じお弁当を食べている新人さんには、
「ちょっと!毎日揚げもんばっかり食べてたらアカンで!
 そんなんばっかり食べてたら終いに・・・云々・・・」と説教わーい(嬉しい顔)

ダイエットを頑張るホリバーさんはひたすら褒めるひらめき etc...

知らぬ間にオカンキャラが覚醒してしまい、もう乙女キャラには戻れませんがもうやだ〜(悲しい顔)
こんな形のサポートの方が私に向いている気がしています☆

さて。
草でも育てて、しばやん特製健康ジュースをつくろうかなぴかぴか(新しい)
開発部のみなさん、お楽しみに黒ハート

それでは、またexclamation

posted by 管理人 at 11:46 | Comment(0) | 日記

2010年07月05日

懇親会

こんにちは、ケイタですわーい(嬉しい顔)
いよいよサッカーのワールドカップもベスト4が出揃い、見ごたえのありそうなカードとなりましたひらめき
日本では日本代表が負けてからワールドカップの熱が冷めてしまった感じがしますが、
これから見ごたえのある試合が続くと思うので、是非とも観戦してみて欲しいですパンチ
ただ、いずれも日本時間の午前3時半キックオフなのが辛いところですふらふら

さて、本日は来年度入社予定の内定者を迎えて内定者懇親会が行われましたイベント
内定者に社内の雰囲気や一緒に働く人がどんな人なのかを知ってほしいのはもちろんのこと、
入社前に現場で働く人との交流で、より得る知識の幅を広げて欲しいというのもあります手(グー)

また、一緒に働く人はどんな人なのかを知りたいのは内定者だけでなく僕も同じで、
「来年入社する新人はどんな人なんだろう?」と期待と不安が入り混じった中、懇親会に参加しました。
特に今年入社した新人はもう来年後輩になる人との初顔合わせになるので、
何か思うところもあったのではないでしょうか。

少し堅苦しく書いてしまいましたが、懇親会は下の写真のように、お菓子をつまみながら、
みんな楽しくわいわい盛り上がりましたよるんるん
来年から一緒に仕事が出来るのが今から楽しみですexclamation
20100705_konsinkai.JPG


posted by 管理人 at 22:52 | Comment(0) | 日記

2010年06月29日

体と心をリフレッシュ!

こんにちはわーい(嬉しい顔)
この夏は、京都の川床で優雅にぴかぴか(新しい)ご飯を食べてみたいと
思っている業務部のざっきーです手(グー)


少し前の話ですが、
社長おススメの整骨院ビルへ業務部2人猫犬で行ってきましたexclamation×2
整骨院というと、
体をねじられてバキバキどんっ(衝撃)にされるイメージがありがく〜(落胆した顔)
ドキドキしながら門を叩いたのですが・・・・


バキバキにされることもなく、
ここち良くマッサージをしてくれました手(チョキ)


まず、丁寧に問診目
どこが気になるのかをチェックしてくれて、
それから、マッサージへ次項有


やはり、デスクワークだからか「肩」「腰」を中心に
凝っていると言われてしまいましたふらふら


一緒に行ったしばやんさんも同様で、
座りっぱなしの作業いすはどうしても「肩」「腰」にきてしまうとのことたらーっ(汗)


その後、肩に電気+足のエアマッサージで
全身ポカポカかわいいになって帰りましたるんるん


そこで印象的だったのが、
医院の先生とお客さんとの会話でしたひらめき


「前回来た時とここの凝り方が違うけど
何かあった?」と先生が聞くと、


それに対してお客さんが
「そう言えば、最近こんなことがあって・・・」
という具合に会話が弾んでいるようでした右斜め上右斜め上


体のちょっとしたサイン足を読み取ることで
その人の最近の状態や傾向が分かるんですねexclamation×2


そこから話が広がって悩みや不安を聞くことで、
体だけでなく心揺れるハートもマッサージしているのだなと思いましたひらめき


少し大げさですが、
私も整骨院の先生のように、
ヘキサスタッフひとりひとりのちょっとした変化に
気づける業務部を目指します手(チョキ)





ちょっとした変化に・・・たらーっ(汗)

20100629_horiba.jpg


posted by 管理人 at 16:54 | Comment(0) | 日記