2011年09月20日

デベロッパー的にはこちら?

こんにちは、ケイタですわーい(嬉しい顔)
台風15号台風が日本を横断中で、特に愛知県で大雨が降り河川が氾濫の危機となっているなど、
深刻な被害を与えているようですがく〜(落胆した顔)
台風の進路予想の範囲に入っている地域の方は十分に気をつけましょうパンチ

さて、先日アメリカで行われていたMicrosoftの開発者向けカンファレンスの中で、
「Windows8」の実機デモが公開されましたNEW
ユーザーインターフェイスにはWindows Phoneで使われている「Metro」を採用することで
シンプルで使いやすい操作を目指すようですグッド(上向き矢印)

そのWindows8の実機デモが公開されたことがメディアなどでは主に取りざたされていますが、
カンファレンスでは「Visual Studio 11(コードネーム)」も発表されましたNEWぴかぴか(新しい)
発表された中でDirectXアプリケーションの開発者向け機能のデモが行われ、新機能のプレビューが行われたようでするんるん
主な機能としては、

1 モデルプレビュー
2 テクスチャプレビュー
3 HLSLのIntelliSenceとデバッグ機能
4 ノードベースのシェーダー作成エディター
5 PIXのようなゲームシーンデバッガ

上記の機能がVisual Studioに追加されるようです。
機能の詳細についてはMSDNのブログや、カンファレンスの時の動画映画などがありますので、
そちらも参照してみて下さいわーい(嬉しい顔)

特にHLSLのIntelliSenceとデバッグ機能は、複雑さを増すシェーダーのコーディングにおいて
非常に役立つものになるのはないかと個人的に期待していますひらめき

また、PIXもこれまではVisual Studioとは別のアプリケーションとして動作していたので、
Visual Studioからアプリケーションをデバッグ実行し、そのままゲームシーンの解析が行えるようになると
作業フローを減らすことが出来て開発の効率化に繋がるのではないかと思いますグッド(上向き矢印)

ちなみに今回紹介したVisual Studio11ですが、MSDNに登録しているユーザーならダウンロードして
プレビュー版を動かすことが出来るようです。
興味のある方は、実際に動かしてみてはいかがでしょうか?

posted by 管理人 at 21:48 | 日記

2011年09月16日

パケット使用量

暑いですねえ。。また暑さが戻ってきました。晴れ

あとどれくらい続くんでしょうか、オイッス、カトウです。

熱いと言えば、こちらも熱いですよねえ。るんるん

そう、東京ゲームショー今日が二日目、いよいよ明日からは一般公開日です。イベント

コンパ二オンムード、、じゃなかった最新ハードも興味津々です。目

今日は明日のために体力を温存している人たちも居たりして。ぴかぴか(新しい)

今年はスマートフォンの勢いがすさまじく昨年からの倍増で98作品もあるそうです。

国内スマートフォン販売台数は2015年には2000万台規模になるという事なのでそれも頷けますよね。

ただ一方でスマートフォンユーザーが急激に増えたために

普通の携帯に比べて約10倍の通信量がかかりトラフィックが激増したため

いろいろと障害が出てるようです。携帯電話

このため現在定額制になってるパケット料金を廃止して従量制料金の導入も検討されるとかも。たらーっ(汗)

ちなみに、現在僕が使用しているスマートフォンの今月のパケット使用料は・・2,248,612円exclamation×2

うっ。。。。とんでもないですね。。ふらふら

世の中便利になっていくわけですが、いろいろと考えて行かないとですね。ひらめき

とにもかくにも

クリエイターが汗水流して魂を込めた作品をぜひ手にとって肌で感じて来てくださいね。パンチ


posted by 管理人 at 19:31 | 日記

2011年09月15日

現実との融合

こんにちは、ソータです。
TGS・ビジネスデイの初日ということで、東京開発にもチラホラと空席がモバQ
今日から4日間のゲームショウ、行く方はもちろんのこと、
そうでない方もニュースサイト等要チェックですねパンチ

 * * *
 
さて、先日閉幕したCEDEC2011ですが、私も参加してきました手(チョキ)
多くの興味深いセッションがあったのですが、その中の1つにARに関するセッションがありました。
ARとはAugmented Realityの略で、日本語で拡張現実のことです。

この動画の00:16〜 を見て頂くと、分かり易いと思います。


ARというのは、上記の様にカメラ等を通すことで、
現実に対して電子情報を付与・表示する、という概念になります映画
ドラゴンボールのスカウタ―眼鏡も、ARの一種といえるでしょう。
(見えている映像に対して、戦闘力等のデータといった文字情報が表示されますよねどんっ(衝撃)

このARの実現方法は色々とありますが、ARマーカーを使用する方法が有名ではないでしょうか。
以前からスマートフォンではARを用いたアプリが販売・配信されていますが、
近年コンシューマーゲーム機でもARマーカーを利用するものが増えてきていますグッド(上向き矢印)

例を挙げると、Nintendo3DSでは「ARゲームズ」というソフトがデフォルトで内蔵されていますし、
先日のNintendo3DSカンファレンスでも、ARを利用している作品がいくつか発表されていました。
また、数年前にPS3で発売された「EyePet」でも、ARマーカーを利用してさまざまなアクションを起こすことができます。
(日本では「Me&MyPet」として、ARマーカーではなくMoveで操作するソフトが販売されています。)

このようにARを使ったゲームは、まだ数は少ないながらも今後増えていくと思います。
3DSは勿論、PlayStation Vitaもカメラが付いていますので、色々なゲームが作られるでしょうぴかぴか(新しい)

皆さんも是非、ARを利用したアプリを作ってみてはいかがでしょうか?
制作発表会の作品にしてみるのも面白いかもしれませんよわーい(嬉しい顔)

最後に、私が以前見てとても興奮したARの動画を貼っておきます。
http://vimeo.com/8569187

こんな未来が来るのが楽しみで仕方ありませんexclamation×2exclamation×2exclamation×2

posted by 管理人 at 16:55 | 日記

2011年09月13日

ショートカットキー

こんにちはexclamation
9月に入り、少し涼しくなってきたかと思いきや
最近また日照り晴れが厳しくなり、早く暑い時期が終わってくれと願うダイトクですふらふら
あまりの暑さに家の猫達もフローリングで布切れのように寝転がっています猫
それもまた愛嬌があって良いんですけどねわーい(嬉しい顔)

普段良く使うWindowsですが、ショートカットキーはどの程度利用しているでしょうか?
私が学生の頃は以下のショートカットキーを知っていた程度でした。
 ・Ctrl + C コピー
 ・Ctrl + V 貼付
 ・Ctrl + Z 元に戻す
 ・Alt + F4 使用中の項目を閉じる
  etc...

Windowsを操作するにあたり、
ショートカットキーの使用は作業効率のアップに結び付けられると思いますグッド(上向き矢印)
なので、学生の頃から知っておけばよかったと思うショートカットキーを紹介してみようかと思います。
 1.Ctrl + Shift + Esc
  タスクマネージャが起動します。
  最近のOSは、Ctrl + Alt + Del ではタスクマネージャが直接起動しないため、
  直接起動したいと思った際によく使います。
 2.Windowsロゴキー + E
  [コンピュータ]が表示されます。
  エクスプローラを起動したい時など、地味に使用頻度が高いです。
 3.Windowsロゴキー + Break
  [システム]が表示されます。
  マシンの簡易的なスペックを見たり、システムの詳細設定を開く際によく使います。
 4.Windowsロゴキー + L
  コンピュータをロックします。
  少し席を離れる時などに使います。
 5.Windowsロゴキー + R
  [ファイル名を指定して実行]を表示します。
  ここに cmd, mspaint, calc といった単語を打ち、アプリケーションを起動させるのに使います。
 6.F2
  選択中のファイルやフォルダの名称を変更します。

※上記ショートカットキーは Windows7 にて動作を確認した物になります。

これらのショートカットキーを使用する事で、劇的に作業効率が上がるというわけではないですが、
こんなショートカットキーがあったなぁと思い出して使って貰えれば幸いです。

プログラム自体のの最適化も大切ですが、作業手順の最適化も重要な事だと思うので、
これからも役に立つ事をどんどん取り入れていきたいですexclamation×2

posted by 管理人 at 20:10 | 日記

2011年09月09日

CEDEC2011閉幕

「オクダ」です。

CEDEC2011終わりましたね。
運営委員のみなさん。
スピーカーのみなさん。
ボランティアスタッフのみなさん。
出展者のみなさん。
そして、受講されたみなさん。
お疲れ様でした。

おおっと、レッドブルのおねえさんもですねわーい(嬉しい顔)揺れるハート

参加できなかったり、別のセッションを受けていて受講できなかったセッションは
ウェブメディア等のレポートやスライドがアップされるのを待って補完しておきましょう。
CEDECチャンネルCEDiLも重要な情報源です。
時間をかけてもいいのでチェックしておくのが良いと思います。

しかし、こういった講演ではスライドからでは得られない知識や雰囲気など
その場に居ないと得られない事がたくさんあります。
疑問に思った事を質問できる機会があるかもしれないですし、
講演者と名刺交換したり少しお話する事も出来ます。
「ウェブで情報が得られるから」と言わず、直接参加する事をお勧めします。
参加費が高いという意見も聞かれますが、他で得難い体験ができるのでそれ以上の価値があると思います。
それに、会場で知り合いを増やし、講演では得られない話を聞く事ができるのも魅力です。
都合がつかなかったり、地方の方は交通や宿泊など更に出費が必要で簡単な話ではないかもしれませんが、是非!

さて、各セッションそれぞれ素晴らしい内容で、とても勉強になりましたし、
新しい発見や刺激を得る事ができました。
その中で、特に基調講演では大きな力をもらえました。
既にウェブ等に情報が出ていて内容を知る事が出来ますが、
生で聞いたからこそ得られるパワーを感じました。
「何かを成し遂げた」「経験と実績に裏付けされた」先人の言葉に感激しました。

この感激を他の人にも伝えるのが私の使命だと思います。
頑張ってレポート書かないと!
そして、いつか自分も多くの人にパワーを与えられるような人物になれるよう頑張ります手(グー)


posted by 管理人 at 19:26 | 日記

2011年09月08日

放映!CEDEC2011

一雨降るごとに秋が近づいている事を感じさせる今日この頃。
秋かなと思っていると、突然の豪雨でまだまだ夏だと思い知らされます雨
そりゃぁもう、びしょびしょに濡れますねあせあせ(飛び散る汗)
こんにちは、ハラです。

本日は、CEDEC2011の三日目が開催中ですねひらめき

私ももちろん参加電車・・・・ではなく、会社でお留守番をしていますメモ
CEDECに出席した人の朗報を期待しつつ、自分の仕事を頑張りますexclamation

と、言いつつもCEDECの内容も気になるもの・・・・
ここは、隙を見つけて生中継を見るしかありませんTV
生中継は、ここのCEDECチャンネルで行われています。

そういえば、先日のブログでも、学生さん向けのセッションと関連して
ちょろっと触れられていましたねひらめき

生中継されるセッションは、各時間帯で1つずつのようです。
もしも興味があるセッションがあれば、見てみては如何でしょう?
最前線で活躍する方々から、何かが得られるのではないかと思いまするんるん

あ、開発者向けのセッションですので、新作ゲームの情報などを期待すると
肩透かしになってしまうかもしれませんふらふら
その点は気をつけてください。


もしも、このブログを今日の夜に見ていただいた方・・・三日月
きっと生中継は終わってしまっているかと思います。

ですが、無駄足にはならないのではないかとひらめき
特別企画や去年のセッションがいくつか投稿されています。

後々には、今年のセッションが追加されるかもしれませんし、
現在投稿されている分だけでも、10時間を超える量ですカチンコ

新たなセッションが投稿されるのを期待しつつ、今あるセッションを楽しんで見て下さい。


あ、ちなみに今日の私には、見る隙はまったくなさそうですわーい(嬉しい顔)
来年は、私も参加したいなぁ・・・と思いつつ、今やるべきことを頑張りますよーダッシュ(走り出すさま)

posted by 管理人 at 10:38 | 日記

2011年09月07日

CEDECでの交流

こんばんは。松下です。

CEDEC2011に来ています。
概要に関しては、さいやんが昨日書いてくれているので割愛しますね。


CEDECは、技術情報を学び共有するカンファレンスがメインではあるのですが、
普段は顔を合わすことの少ない同業他社の開発者の方達と様々な情報交換が出来る場でもあります。

本日は、「Developers Night」という公式懇親会もあったので、
私もそこでお会いした方々と色々なお話をさせて頂きました。


久しぶりにお会いする方の近状をお聞きしたり、
知り合いの方に、別の知り合いの方をご紹介頂いたり。

コンシューマ業界から、ソーシャル業界へと転職されている方のお話などは、
非常に興味深いものでした。


CEDECで会ったことが縁で、一緒に仕事をするきっかけになることもありますので、
本当に、貴重な機会だと思います。



今年は、弊社からも私を含めて8人で参加しています。
ぜひ、会場で見かけられましたら、名刺を交換させて頂きたいです!わーい(嬉しい顔)


CEDECもあと1日。

カンファレンスもしっかり聞くのは勿論、
交流もすることで、CEDECをより充実したものにしたいと思います!手(チョキ)

posted by 管理人 at 23:56 | 日記

2011年09月06日

開幕!CEDEC2011

こんにちは。さいやん、こと齊藤です。

いよいよ本日より、CEDEC2011イベントが開幕ですねexclamation

今年も選りすぐりのセッションが3日間に凝縮され、
とても見応えのある講演が目白押しになっています目
私も事前に発表されているセッションの中から
今後に生かせそうなセッションを既に選んでおり、
今日から3日間フルで参加予定ですexclamation
今年のセッションの詳細は公式ページから見ることができます。
http://cedec.cesa.or.jp/2011/


学生さん向けには今年も『ゲームのお仕事』業界研究フェアが
開催されます。
既に定員に達しているようで、今から会場での受講は難しいかと
思いますが、公式ページによると、
> 当日の講演はインターネットで中継する予定
とのことですので、遠方の方でも見ることができるかも知れません。
公式ページはこちら。
http://cedec.cesa.or.jp/oshigoto/2011/


また、CEDECでは毎年恒例の講師や受講者が交流できる場として
「Developers Night」という懇親パーティがありますバー
http://cedec.cesa.or.jp/2011/event/developers_night/index.html
いわゆる公式飲み会ですねビール
それとは別に、各分野の人たちが有志で集まって飲み会を開くことが
近年活発化してきており、今年はこんなまとめページが作られています。
http://www.event-navi.ne.jp/d_top.php?eventID=0000011192
私も数年前から飲み会に参加させてもらっていますが、
クリエイターの方がたくさん集まる情報交換の場として、
毎年とても楽しみにしていますわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)


さらに、CEDECではそこで行われた講演の資料等を公開する場として
CEDiLというサービスが昨年より開始されています。
講演時に使用された資料をはじめ、パネルディスカッションの様子等も
ビデオとして公開されていますので、見たかったセッションをあとから
見ることもできますひらめき
CEDiLについてはこちら。
http://cedil.cesa.or.jp/


こうしてCEDECならびにCEDECの周辺を取り巻く状況を見てみますと、
色んな側面での活用の場がとても多いことが分かると思います。
どれを生かすも自分次第だと思いますので、色々と情報を集めて、
成長につなげていけるといいのではないでしょうかグッド(上向き矢印)

posted by 管理人 at 09:00 | 日記

2011年09月05日

論文を読もう!

前回の初ブログから2回目の登場になります。
お久しぶりです。マックスですわーい(嬉しい顔)

週末の台風台風は怖かったですね。
二次災害の可能性もあるので、十分に気を付けてくださいね。


さて、Phongの反射モデルというものをご存じでしょうか?目
一般的にCGで陰影を表現する技術の一つであり、
CGやゲーム業界に関わってきた方ならご存じの技術かと思います。

では、Phongの反射モデルが、最初に発表された論文をご存じでしょうか?目
私は、技術については知っていたのですが、
元々の論文については読んだことがありませんでした。
そこで少し気になりまして、最近、その論文を探して読んでみました手(パー)

最初の論文は、1973年にBui Tuong Phongにより発表された
学位論文「Illumination for Computer-Generated Images」です。
また、学術論文では1975年にBui Tuong Phongにより発表された
「Illumination for Computer Generated Pictures」が最初になり、
今回はこちらの論文を読みました。
(著者の名前からPhongの反射モデルと言われている由縁も分かりますねひらめき)


Phongの反射モデルの技術については説明すると長くなるため、割愛させて頂きますが、
論文を読むと自分の知らない新たな発見がありました。目
それまでの代表的なシェーディング手法として、3つの方法
 ・Warnock's shading
 ・Newell, Newell, and Sancha's shading
 ・Gouraud's shading
が開発されていたことや
Gouraudの考え方を参考にPhongのスムーズシェーディングが考えられたことなど
改めて、Phongの反射モデルが当時では革新的であったということを感じました。ぴかぴか(新しい)


論文は、自分の知っている技術だと理解もしやすいですし、読みやすくもなります。
海外の論文だと英語の勉強にもなるので、
ぜひ自分の気になる論文を調べて読んでみてはいかがでしょうか?手(パー)

posted by 管理人 at 15:50 | 日記

2011年09月02日

グローバル・ポジショニング・システム

暑い夏晴れがぶり返し扇風機だけでは辛くなってきました今日この頃。
ご無沙汰しておりますコンドウです。
今日辺りに関西にも上陸しそうな台風台風が気になっております。

本日はGPSについて紹介したいと思います。
ご存知、GPSとはGPS人工衛星からの情報を基に現在位置を割り出す
システムの事を指しますが、これは割と身近に存在していたりします。
私所有のGPSでは車(RV)カーナビ、ゲームPSP(GPSユニット)、携帯電話ケータイと結構持ってたりします。

GPSってどうやって現在地を求めているのかexclamation&question ちょっと気になりましたので雑学
蓄積がてら調べてみました。


地球上空20000km付近を飛んでいるGPS人工衛星は現在30個ほど存在し
約12時間で地球iモードを1周するゆっくりとした速度で周回してます。
(高度が高いのでゆっくりという訳ではないですが)
因みにスペースシャトル飛行機や国際宇宙ステーションが活動している高度は
400km程度で、約90分で地球1周というスピードダッシュ(走り出すさま)で飛んでいるそうです。

GPS衛星は自身の座標と超正確な時刻(原子時計時計)を電波雷で発信しています。
この情報を頼りに位置を計算します。

まずは受信した人工衛星と受信者との距離を測ります。距離の計測は
電波の進むスピードからどの位の時間時計で到達したかで調べる事が出来ます。
電波の速度は光速ひらめきと同じですので1秒間に299,792,458mです。
上空20000kmの距離でいうと

   20,000,000 ÷ 299,792,458 ≒ 0.0667秒

程度になります。これは上空真上に人工衛星があった場合の話で実際には
丸い地球の球面上を飛んでいるわけですから距離はもっと遠くなります。
距離をr(単位:m)、光速(単位:m/秒)をcとすると以下のような式になります。

   r = 受信者と衛星との時刻の差(単位:秒) * c

距離が分かれば、あとは位置を計算です。人工衛星の座標をX1,Y1,Z1、
受信者の座標をx,y,zとすると、

   r2 = (X1 - x)2 + (Y1 - y)2 + (Z1 - z)2

の関係が成り立ちます。(3Dゲームでもおなじみのピタゴラスの定理ですね)
この場合ですと、変数x,y,zは求まりませんので、他の人工衛星を少なくとも
あと2つ(合計3つ)探してきます。3つ見つかれば連立方程式でx,y,zの
答えを導き出せるという訳です。

しかしここで問題あせあせ(飛び散る汗)があります。
まずは受信者の時刻。人工衛星のような原子時計(30万年に1秒以下の誤差!)
を持っているわけでもなく普通のクォーツ時計時計だったりします。その為、
受信者の誤差を考慮した計算が必要となります。ここでは受信者の正確な
時刻との誤差をeとします。

   (r - c*e)2 = (X1 - x)2 + (Y1 - y)2 + (Z1 - z)2

となります。c*eは誤差時間で進む光の速度です。求める変数はx,y,zと
eの4つになりましたので少なくとも4つの人工衛星を見つける必要があります。

つまり、30個の人工衛星の内4つを見つけられれば位置が計測できると
いう訳ですexclamation×2
実際のGPS測定器は誤差が小さくなるよう違う計算方法で求めていますが、
位置を計算する概要はご理解いただけましたでしょうか。
GPSから位置を計算する方法は他にもあり、方法によって精度が変わって
くるようです。(高精度なものだと誤差1cm以下exclamation)


個人的にGPSロガーなるものを所有しておりまして約4cm x 1cm x 1cmの
サイズでGPSを定期的に受信phone to し、内部に位置を記憶しておき後日自宅家のPCで
データを吸い取りgoogleマップと連動させて移動経路を見るといったものです。
登山経路解析用やアウトドアグッズとして購入したのですが途中で色々な
使い道がある事に気づき、子供や嫁のかばんにこっそり入れて行動範囲目
調べるといった使い方ができるではないかexclamation&questionと思ったのですが
バレたら怖いので実行には移しておりません。(勿論、本当にはやりませんよexclamationわーい(嬉しい顔)


posted by 管理人 at 14:57 | 日記