2013年10月29日

CGWORLD2013 クリエイティブカンファレンス

少しずつ秋も深まり、カメラカメラを携えて紅葉狩りに出かけたくなりますね。
だんだん涼しくなってきて、さすがにタンクトップも着れなくなってきました。
オッス手(パー)オラ「オクダ」です。

先日「CGWORLD2013 クリエイティブカンファレンス」に行ってきました。
業界向けの書籍を多く出版されている「ボーンデジタル」さんや
CG・映像系クリエイター向け月間総合誌のCGWORLDなどを刊行されている
ワークスコーポレーション」さんなどが主催のイベントです。
CGクリエイターを対象にしたカンファレンスを中心としたイベントイベントイベントです。
ゲーム系のカンファレンスはCEDECをはじめ多く開催されていますが、
オフラインレンダリングも含めたCGデザイナー向けのカンファレンスはそれほど多く開催されていません。
映像系の方々には貴重なイベントではないでしょうか。
今年で3回目の開催で1000人以上の参加があったようです。
私も今年から参加しました。
ゲーム関係の参加者は少ない傾向だったみたいですが、
今年は少し参加者が多くなってきていると聞きました。
今回はゲーム関係のセッションがあり、注目を集めたようです。

今までは時間を掛けて画像をレンダリングできるオフラインの手法を
数年から20年くらいあとにようやくゲームで活用できるような状況でした。
しかし、PS4/XBOX Oneなどの新世代機の発売を控え、
リアルタイムでの表現力がオフラインに追いついてきていると言われています。
また、オフラインでの作業はレンダリングに多くの時間を費やし待ちの多いワークフローになりがちですが、
リアルタイムの技術とマシンスペックの向上により、オフラインの作業をある程度リアルタイムに確認できるようになって来ました。
そういった中で、今後両者の交流が活発になりそうな気配があります。
今までも技術という面で注目していましたが、今後はもっと交流していきたいと思います。

このカンファレンスは業界の人だけではなく、業界を目指す学生も参加できます。
今年卒業の人は間に合いませんが、学生さんは来年参加を検討してみてはいかがですか?


posted by 管理人 at 17:18 | CGデザイン