2013年09月30日

初期化も更新もまとめて

朝夕が冷えてきましたね。バッド(下向き矢印)
タイラです。

さて前回前々回に引き続き今回もデータベースのお話で、ちょっと便利な
INSERT ... ON DUPLICATE KEY UPDATE構文
をご紹介したいと思います。ひらめき

例として 実行する都度値をインクリメントするような処理 を作ります。

次の順で行うクエリを作ると以下のようになります。
1. 初期化(更新分もついでに行う)
2. 値更新


■テーブル構造 sampleテーブル
+------------+-----------+------+-----+-------------------+-------+
| Field | Type | Null | Key | Default | Extra |
+------------+-----------+------+-----+-------------------+-------+
| id | int(11) | NO | PRI | NULL | |
| count | int(11) | NO | | NULL | |
| created_at | datetime | NO | | NULL | |
| updated_at | timestamp | NO | | CURRENT_TIMESTAMP | |
+------------+-----------+------+-----+-------------------+-------+

■1. 初期化クエリ
INSERT INTO `sample`
(id, count, created_at, updated_at)
VALUES
('1', '1', NOW(), NOW());

■2. 値更新クエリ
UPDATE `sample`
SET
count = count + 1
WHERE
id = 1;


実行する際に正しく順序が守られている場合はよいのですが、
・初期化クエリを2回以上実行する
・初期化クエリを実行せず、更新クエリを実行する
という事が発生した際に正しい結果が得られません。ふらふら

それらの問題を解消するクエリがこちら


INSERT INTO `sample`
(id, count, created_at, updated_at)
VALUES
('1', '1', NOW(), NOW())
ON DUPLICATE KEY UPDATE
count = count + 1;


INSERT構文とUPDATE構文を合わせた
INSERT ... ON DUPLICATE KEY UPDATE構文になります。

簡単な挙動としては
INSERTが実行される前に KEY(=プライマリキー) が重複を確認し
重複がない場合は INSERT が、
重複がある場合は UPDATE が行われます。

初期化クエリ、値更新クエリを置き換えると以下のようになります。


■1. 初期化クエリ
INSERT INTO `sample`
(id, count, created_at, updated_at)
VALUES
('1', '1', NOW(), NOW())
ON DUPLICATE KEY UPDATE
count = count + 1;

■2. 値更新クエリ
INSERT INTO `sample`
(id, count, created_at, updated_at)
VALUES
('1', '1', NOW(), NOW())
ON DUPLICATE KEY UPDATE
count = count + 1;

■結果表示
SELECT * FROM `sample`;
+----+-------+---------------------+---------------------+
| id | count | created_at | updated_at |
+----+-------+---------------------+---------------------+
| 1 | 2 | 2013-09-30 18:00:00 | 2013-09-30 18:00:00 |
+----+-------+---------------------+---------------------+


同じクエリで初期化も更新も出来ました。わーい(嬉しい顔)

今回はcountのインクリメントだけを行っていますが、
UPDATE構文で取り扱える内容は基本的にこの構文でも扱えます。

ではー手(パー)


posted by 管理人 at 18:45 | データベース