2013年05月21日

マスクのお話

こんにちは!CGデザイナーのクリマヤです晴れ曇り

Photoshopを使っている皆さん、アルファチャンネルやレイヤーマスク使っていますか?
私は画像の調整を楽に行えるように、作業中レイヤーは細かく分けているのですが、その中でもよく上記2つの機能を使います。

たとえば、レイヤー情報がないJPG画像からキャラだけを切り抜きたい時ふらふら
20130521_1.jpg
背景のグラデーションが憎いですねちっ(怒った顔)



ここでアルファチャンネル情報を見ます。
20130521_2.jpg
RGBの中で一番コントラストが強いものをマスクとして使用します。
今回は青チャンネルがコントラストが強いので、このマスクを範囲選択します。


選択中にショートカットのQを押してクイックマスクモードにします。
20130521_3.jpg

すぐさま切り抜きたいところを塗りつぶしツールやブラシで塗っていきましょう。
20130521_4.jpg

あとはレベル補正で背景のグラデーションがなくなるように調整します。
20130521_5.jpg

ここまで出来たらクイックマスクモードを解除して、レイヤーにマスクを割り当てます。
20130521_6.JPG
レイヤーマスクのいいところは、画像を非表示にする範囲を後から調整できるところです。

たとえば
20130521_7.JPG
のように、マスクの縁を少し縮小させたい時[マスクの調整]を行えばエッジを綺麗にすることができます。

20130521_8.jpg

あとは切り抜いた画像を好きなように配置するだけです。
20130521_9.jpg


Photoshopのマスク機能は奥が深いですが、思い通りのマスクを作れるようになれば作業が格段に早くなります手(チョキ)
みなさんも一緒にマスク道を極めましょう!!

posted by 管理人 at 19:51 | CGデザイン