2013年03月28日

WORLD WAR Z

ご無沙汰しております。皆様に愛されて今年で29周年、
アイディアの百貨店「タカシマヤ」こと高島でございます。

大阪でも桜が咲き始め、陽気な季節がやってまいりました。
が、今朝は小雨がパラパラと…週末は晴れると良いですね。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか。

お仕事の話以外でブログを書かせていただくのは初めてで、
ちょっと緊張しておりますが、僕の大好きな映画の話題等、
書かせていただこうかなと思います。



それでは早速…

2013年8月公開の注目映画「WORLD WAR Z」のご紹介。
俳優ブラッドピットが主演する話題作です。

ご存知ない方もいらっしゃるかもしれません。
まだCM等のメディア露出が少ないのかもしれませんが、
撮影現場が一部公開されたり、持ち込んだ銃火器機材が、
実は本物だった!刑事告訴?みたいなトンでも話が飛び
出したりと、話題に事欠かない作品だったんです。

ひょんなことから数年前に、この映画の原作となる小説
「WORLD WAR Z」と出会いまして大変気に入った訳です!

world-war-z1.jpg

ネタバレしない程度に説明しますと、
タイトルのこの「Z」とは…未知のウイルスに感染し、
凶暴化した生ける屍!そう皆大好きゾンビですね!

発生源となった中国から、ロシア、インド、ヨーロッパ、
アメリカ、もちろん日本にまで感染が拡大していきます。
全世界でゾンビvs人間の戦いが始まる。まさにタイトル
通りの「世界戦争」です。

ゾンビ物ならよくある感染拡大パターンですが…
この原作が非常にユニークなのは、ゾンビとの戦いに巻き
込まれた世界各地の人々にインタビューした内容を通して
物語が展開されるという点です。

その地域、その人物特有の、抱えている問題を強調して描
がいており、それらが寄り集まって1つの大きな事件を、
世界規模のスケールで捉えている感じですね。

これはゲームのストーリー展開にも使えるかもですね!
企画書を書きたくなってきました!


よく言われている事ですが、映画や小説もゲーム作りのヒントになる。
まさにその通りかもしれませんね。

「WORLD WAR Z」を観に行かれる際には、原作も読んでおく事をオススメします!


それでは次回もご期待ください。
サヨナラ!サヨナラ!サヨナラ..(淀)



posted by 管理人 at 20:16 | 映画・舞台鑑賞