2012年12月14日

「原因」と「結果」の法則

お久しぶりです、カワウソです。

今回は人生の役に立つ書籍の紹介です。
前回のクワガタ話とは違い、少し真面目な話をしますね。晴れ

sample.jpg
↑まさにタイトル通りの内容です。グッド(上向き矢印)

 もう5,6年前になるでしょうか、何をしても仕事がうまく進まない時期があり
その時、友人にこの本を紹介してもらいました。手(グー)
どうせ単なる自己啓発本と思いきや、当時の私には色々気づかされることが多々ありました。わーい(嬉しい顔)

一番印象に残っているのは、自分をとりまく外的要因は結局は内的要因に起因していること。
これは読む人よっても多少解釈は変わると思いますが、私はそう思いました。

 例えば物事がうまく進まないこともありますが、それは周りの環境が悪化して自分に
反映されているのではなく
結局は自分自身の行動の結果ということで、起因は自分にありその結果が環境となる。
 ↑
 自然と知っている人もいると思いますが、少なからず物事がうまく進まないのは
周りの環境が悪い、自分は悪くない!と思うときは改めて今後自分はどのよう行動をすべきか
考えるといいかもしれません。

環境→自分 ではなく 自分→環境 
受け身ではなく、自分から働きかけ環境を変えていくイメージですね。
このイメージができると色々楽しくなりますよexclamation

皆さんも機会があったら読んでみてください。

ではまた次回わーい(嬉しい顔)

posted by 管理人 at 23:13 | 書籍紹介