2012年06月18日

やっぱりブラウザ

お久しぶりです。
引越し先の庭のプランターで育てている万能ねぎが、
そろそろ食べごろになってきて料理のレパートリーを広げようと
目下画策中のgood sun晴れこと山口です。

ここ最近私の書いたブログではJavaScriptを中心に紹介していますが、
今回もJavaScriptとブラウザに関係した情報を紹介したいと思います。

まず始めに皆さんはOpenCLという技術をご存知でしょうか?
OpenCLはGPUやマルチコアCPU等の資産を
ハードウェアを意識することなく
C言語ライクなプログラム言語によって並列コンピューティングに利用する技術です。
類似した技術としてNVIDIAのCUDAやMicrosoft DirectComputeが有名ですね。

このOpenCLにも実はブラウザ用の実装系が存在しています。
その名もWebCL!!わーい(嬉しい顔)
なんのひねりもありません。
このWebCLですが、WebGLと同じくJavaScriptからOpenCLを利用する事が出来ます。

その実力たるやなんとJavaScriptの100倍の速度で処理をさせることが出来るという、
超パワフルなテクノロジーであります。
このパワフルさに思わず想像してしまいました。
これでブラウザ上で高速に大量の物理シミュレーションが行えたり、
高速なレイトレースレンダラーが作れたりする時代がやってきたと!

しかし、残念ながら現在ブラウザをインストールするだけでは利用できず、
プラグインが必要な為まだまだ一般的ではありません。
現に今回紹介するに当たり、
WebCLが動く環境を作ろうとしてみましたが上手くいきませんでした。(リベンジ予定です!パンチ)

今回はこの辺で失礼して、
次回もまたブラウザの素晴らしさを紹介できたらと思います。
では!手(パー)

posted by 管理人 at 21:46 | プログラミング