2012年03月26日

どうやって探す?

来週には4月になり
私ももうすぐ入社2年目になりますぴかぴか(新しい)
お久しぶりです。マックスです。
もうすぐ開幕を迎えるプロ野球野球
広島東洋カープが良いスタートダッシュを切ってくれると信じて
私も2年目を気持ち良く迎えたいと思いますグッド(上向き矢印)


さて、以前のブログで、私は少し論文を紹介させて頂きました。
(ご参考までに… 【http://hexadrive.sblo.jp/article/50583699.html
           【http://hexadrive.sblo.jp/article/47751019.html】)
今回は、それらの論文をどのようにして探していたのかについて
紹介したいと思います。


基本的には、私はインターネットの検索エンジンを利用して探しています目
論文集などから探すこともできますが
フリーで公開されている論文が存在することと
近年の論文は電子化されているものが一般的であることから
インターネットを主に利用しています。
しかし、単純にウェブページを探す検索エンジンでは論文を探すのに少し骨が折れますふらふら


そこで、学術論文や書籍を探すための検索エンジンが存在します。
私がよく利用するのは以下の2つです。

CiNii
http://ci.nii.ac.jp/

Google Scholar
http://scholar.google.co.jp/

キーワードや著者、年代などで検索することで様々な論文を探すことができますぴかぴか(新しい)

あとは、著者が分かっていれば、その方のホームページや所属先(研究室や大学など)のページを
検索すると論文が公開されていることも多いです。

みなさんも興味のあるキーワードがあれば、検索してみるといろいろと世界が広がるかもしれませんひらめき
それではまた手(パー)


posted by 管理人 at 21:17 | 日記