2011年09月01日

プレゼンテーションに関して

おはようございます。
マーシーです。

台風来てますね台風
大阪には今日、明日あたり上陸しそうです。
かなり大型ということですので、
電車を使って通勤、通学されている方は
早めに家に帰った方がよいかもしれませんふらふら

さて、本日はネットで興味深い動画を見かけたので
紹介させて頂きたいと思います。

http://www.ted.com/talks/lang/jpn/lies_damned_lies_and_statistics_about_tedtalks.html

タイトルにあるTEDとは(Technology Entertainment Design)という講演会を主催しているグループのことです。
様々なジャンルのアイディアを講演という形で世界に発信しています。
TEDの会員になることで年に一回アメリカのカリフォルニア州で開催される講演会に出席することができます。
実際にアメリカに行き、講演会に参加するためには高額のお金ふくろが必要ですが、
幸運なことに、無料でネット配信を行っているので、
日本からもその講演を視聴することが可能ですぴかぴか(新しい)

上記の講演は「TEDTalksにまつわる真っ赤な嘘と統計の話 」というお話です。
見て頂けると分かるのですが、簡潔にまとめると下記のような内容になっています。

TEDで人気のある講演ではこういう特徴があり、
人気のない講演にはこういった特徴がある。
人気のある特徴を全て踏まえれば、最高のプレゼンテーションが出来るはずだ!


内容はTEDの講演会に限定されているため、(またジョークも含まれているため)
普段のプレゼンテーションに使用できるかはわかりませんが、
アプローチの仕方としては非常におもしろいと感じました。

プレゼンテーションは自分の研究を発表する場で
内容が一番大事だとは思うのですが、
ちょっとした工夫でより理解を得ることができるなら、
それは喜ばしいように思いますわーい(嬉しい顔)

もし、自分にもプレゼンテーションを行う機会があれば、
内容だけでなく様々な点を踏まえて、
どうすれば人に伝わりやすいか考えてみたいと思いました。

posted by 管理人 at 12:49 | 日記