2011年07月14日

ゲームを作る上で役立つ数学

お久しぶりです。
ミヤジーです。

最近、数学の勉強を始めましたパンチ
ゲームを作る上で、数学は非常に重要です。

中でも、線形代数と呼ばれる分野がとりわけ重要になってきます。
キャラクターの描画や動きの制御等に使用しますぴかぴか(新しい)

いろいろな入門書が出ているので勉強しやすいのではないかと思います。
入門書などの後に読むと良いのではないかと思う お勧めの本を紹介したいと思います。

幅広く、ゲームで使用する数学が学べます手(チョキ)
『ゲームプログラミングのための3Dグラフィックス数学』
http://www.amazon.co.jp/dp/4939007375/

キチンと言葉の意味や、線形代数の理論をおさえたいと思った方にはこの本がお勧めです。わーい(嬉しい顔)
『スバラシク実力がつくと評判の線形代数キャンパス・ゼミ』
http://www.amazon.co.jp/dp/4944178220/

程よく奥まで踏み込んでいて、なおかつ理解しやすく書かれている本です。
ちなみに、このシリーズは他にも確率や、微分積分、フーリエ変換等いろいろな本が出ていますが、
どれも分かりやすくてお勧めです。

更に、行列をマスターした後に出てくるのがクォータニオン(四元数)です。
こちらは、球面線形補間をする際などに出てきます。
クォータニオンについてはこちらの本がお勧めです手(パー)
『3D‐CGプログラマーのためのクォータニオン入門』
http://www.amazon.co.jp/dp/4777510166/
クォータニオンだけでなく周辺の数学知識が身につきます。


さらに、深く勉強するなら"物理のかぎしっぽ"というサイトがお勧めですグッド(上向き矢印)
http://hooktail.sub.jp/
物理だけでなく、数学についても非常に深く解説されています。


私は、数学は苦手なんですが、
分かりやすい参考書があると非常に楽しく感じます。
目指せ、数学オリンピックexclamation&question


posted by 管理人 at 21:33 | 書籍紹介