2011年01月27日

ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート

ゆうです。2011年になってもうすぐ1ヶ月が経ちます。
正月休暇や3連休があったせいかあっダッシュ(走り出すさま)という間に時間が経ってしまった感もありますが、
そんな本日、1月27日はマイキーさんも書いていますように沢山のゲームが発売される激戦区どんっ(衝撃)ですね!
webでも「やりたいタイトルが多く絞れないふらふら」というユーザーさんの書き込みや、
「入荷が多くて大変たらーっ(汗)」というショップ店員さんの書き込みをチラホラ見かけました。
自分も楽しみわーい(嬉しい顔)にしていたタイトルがありますので、
帰りがけに買って帰ろうと思っています。
さて、そのタイトルとは…

ヒラメキパズル マックスウェルの不思議なノート」です。

実はこのゲーム、以前ご紹介したScribblenautsの日本語版なのですexclamation
当時は正直日本語版が出るとは思ってもみなかったので、
知り合いの方がアメリカに出張飛行機と聞いた際、是非にとお願いして買ってきてもらいました。
Scribblenautsの面白さにすっかりハマってしまった私はその後友人知人にもオススメしたのですが、
やはり
「英語は得意じゃないので難しそうふらふら
「自分の行くお店には海外タイトルが売っていないもうやだ〜(悲しい顔)
という辺りでちょっと敷居が高かったようです。
買った人には大好評ぴかぴか(新しい)で是非もっと沢山の人に遊んでもらいたいなあ、
と思っていたので、日本語版が発表された時はとても嬉しかったです わーい(嬉しい顔)



何故このタイトルをこんなにもプッシュしているかと言いますと、
開発者として、こういった新機軸ひらめきのゲームにこそ沢山売れて欲しいという思いがあるからです。
勿論、以前から遊んでいるタイトルの続編、また、
既に存在する面白いゲームをさらにブラッシュアップしたタイトルも魅力的です。
リメイクタイトルゲームも追加要素や新しい表現等、
懐かしさと新しさがあってとても良いと思います わーい(嬉しい顔)

ですが、完全に新しい物を生み出すという事は想像以上に難しくあせあせ(飛び散る汗)
さらに商品として世に出すのはもっともっと難しい事です。
それにチャレンジしているタイトルが評価され(北米では110万本以上売れているそうですが)、
業界が安定志向から挑戦的になれば自分としては嬉しいなわーい(嬉しい顔)と思います。

もう一つ、このタイトルがローカライズタイトルだから、というのもあります。
最近ではかなりの数の海外タイトル船が日本語版として発売されるようになりました。
文化が違えば、ユーザーの嗜好るんるんや製作者の発想ひらめきは自然と異なってくると思います。
国内タイトルとはまた違った刺激どんっ(衝撃)を受ける事で、
新しい遊びが生まれてひらめきくるかもしれません。



とは言え、やはり一番の理由はユーザーとして遊んでとても面白かったからですexclamation
面白いゲームがあったから他の人に教えてあげたいexclamation×2
という単純明快な理由です。
パズルゲームや新しいジャンルがお好きな方、
小さいお子様がいらっしゃる方、
そしてゲーム開発者の方はより楽しめるのでは無いかな、と思います わーい(嬉しい顔)

ちなみに北米では続編にあたる「Super Scribblenauts」が発売されています。
Super Scribblenautsでは、名詞だけで無く形容詞まで用いれるそうです。
こちらも面白そうですね!わーい(嬉しい顔)

posted by 管理人 at 14:35 | ゲーム