2010年01月22日

ヒウィヒッヒー

こんにちは、タマキです。


ここ数ヶ月でTwitterが急速に流行ってきてるなぁという感じています。

いろんな雑誌やサイト、TVなどでも特集されたり。

どこも「オバマ大統領が選挙で有効に使った」というところを、まず押し出してますが。


Twitterは
・つぶやくだけ(1度に140文字以内で)

・(自分で選んだ)他の人のつぶやきが聞こえる

・自分のつぶやきに「つぶやき返し」されることがある

・ある人のつぶやきに「つぶやき返し」もできる

簡単ですが、こんな感じのものです。

趣味が似た人だったり、気になる人のつぶやきを聞くように(フォロー)して、拡がっていく感じです。

思ったことをつぶやく。たまに、それを誰かが聞いていて、つぶやき返される。もしくは逆。

ブログよりも、ゆる〜い感じ。


いろんな人のつぶやきを聞いていると、単なる情報だけでなく、その人のフィルタが通った情報が「ポンッ」と入ってくるなどおもしろい感じに変化したりします。ひらめき


このTwitter、流行っているというよりは既に落ち着いてきている感のある「ブログ」とは、ちょっと異質だなと思ってます。

それは、「ブログ」は多くの会社がサービスとして行っていること。異なるブログ間でもTrackbackなどといったつながりもあったりします。


しかし、Twitterに関しては、たった1社のサービスの名前

独占状態なんですね。目


ここに世界中の人のつぶやきが溜まってきている。。。。より本音に近い部分が。。。

濃い情報が多くありそうです。台風

そのつぶやき溜の将来性から、Twitterも最近になって黒字になったそうですが、ビジネスとしての構築はこれからだそうです。

この本音に近い「つぶやき」が質の良い情報に成り得るわけですよね。


Twitterをうまく利用して売上を上げた会社も多々あります。


有名どころではDELLさん。アウトレット製品の販売を中心にTwitterで流し、650万ドルを売り上げたというニュースがありました。がく〜(落胆した顔)

セール品などの情報をつぶやいた。そこにバーゲン製品などを狙っているユーザがそのつぶやきを聞き、「今だ!」と購入といった感じでしょうか。



つぶやくだけのTwitter。そこに関してはいろんな意見の人もいます。

「140文字。その制限がいいのだ!」という人もいれば、私の好きな作家の一人である川上美映子さんのように「だらだら書くのが好きなので140文字だっけ、なサイズはやはり自分には合わないなあ」という方も。

また、「Twitterでつぶやきすぎて、ブログに書くことがなくなった」など。



私もとりあえずと始めてみたのですが、大量に流れるいろんな方のつぶやきの中に、たまにおもしろいと思うものに出会うときがあります。

大量に流れるつぶやきのなかにある、シンとまぶしい玉のような言葉を探す感じ。ぴかぴか(新しい)

普段、誰かと話をしていても、ある人のちょっとした「つぶやき」がココロにグッとキたりする感じ。黒ハート


始めたばかりなので、まだ勝手もわからなかったりするのですが、Twitterがどういったビジネス展開をするのかも楽しみにしつつ、もうしばらく眺めてみて、たまにつぶやいてみて、いろいろ感じてみようかと思っています。わーい(嬉しい顔)


posted by 管理人 at 14:54 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。