2009年05月28日

BTS

結婚しました、幸せ者のシラッチです。

寝る前に薄い掛け布団に変えるかどうか悩んで、変えずにそのまま寝ています。
新型インフルエンザも沈静化してきているようですが、皆さんも風邪などひかれないようお気をつけ下さい。

さて、今日は前回紹介したバージョン管理ツールに続いて、バグトラッキングシステム(BTS)について紹介したいと思います。

BTSというのは、名前から大体想像できるかもしれませんが、プロジェクトのバグ報告や、その修正状況の把握に使用されるシステムです。
Webサーバ上で稼動し、使用者はブラウザ上からアクセスする、というスタイルのものが多いようです。
ヘキサドライブでも、このBTSを導入して開発を行っていますわーい(嬉しい顔)

このBTSを使うと、バグ対応の進捗状況の確認が容易になるのはもちろん、バグが発見されてからプログラマが確認、対応、報告者へフィードバックし再度確認してもらう、といったサイクルのタイムラグが紙媒体の報告書などに比べて短くなる等の利点がありますぴかぴか(新しい)

世には様々なBTSが存在していますが無償で導入できるもので、有名なものは次のものでしょうか。

 ・Bugzilla(バグジラ)
 ・影舞(かげまい)
 ・Mantis(マンティス)

BTSや前回紹介したバージョン管理ツール、さらには情報共有のためのWiki、スケジュールを管理するためのガントチャート等が一体になって連携するシステムも存在しています。

 ・Redmine(レッドマイン)
 ・Trac(トラック)

プロジェクトの運用が目的ですが、開発終了後にその軌跡を見ると、このときは大変だったなぁ、ここから劇的に変わったなぁ、等々、感慨深い…というか単に僕がログやグラフを見るのが好きなだけかもしれませんが…あせあせ(飛び散る汗)

ネットから各システムのデモなどが確認できると思いますので、興味をもたれた方は調べてみると面白いかもしれません手(パー)

posted by 管理人 at 20:29 | Comment(0) | ソフトウェア紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。