2009年05月21日

裁判員制度

おはようございます!マーシーです。

みなさん、本日は何の日かご存じですか?
今日は裁判員制度が実施される日です。
裁判員制度とは選出された国民が刑事裁判に参加し、裁判官と一緒に被告人が有罪か?有罪の場合はどのような刑が望ましいか?を決める制度です。裁判が身近になり、司法に対する信頼の向上にも繋がることが期待されています右斜め上

では実際、裁判員になった場合どのような仕事をすることになるのでしょうか?

1、公判に立ち会う
裁判官と一緒に裁判に立ち会い、判決まで関与することになります。証拠書類の取り調べの他、証人や被告人に対する質問することもできます。

2、評議、評決
証拠をすべて調べたら、今度は事実を認定し被告人が有罪か無罪か、有罪だとしたらどんな刑にするべきかを議論します。
ただし、裁判員の意見だけでは被告人に有罪の判断をすることはできず、裁判官一人以上が賛成していることが必要になります。

3、判決宣告
評決内容が決まると裁判長が判決を宣告することになります。
裁判員としての役割は以上で終了です。

どのような判断基準で刑を下すのか?
特別な勉強をしていない一般人の力が事件にどの程度影響を与えるのか?
これから裁判の形態が大きく変わっていくかもしれません。
もし自分が裁判員に選出されたら、良識ある行動が取れるようにしたいですね。
間違っても「異議あり!」と指をささないようにしましょうふらふら

http://www.saibanin.courts.go.jp/


posted by 管理人 at 11:32 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。