2009年04月28日

DS用途拡大

暖かくなったり、寒くなったり気候が安定しませんね。
こんにちは、マーシーです目

みなさんは携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」を持っているでしょうか?
もし持っているなら、それは基本的にゲームをするためだと思います。
しかし今、DSはゲーム以外にも用途を拡大しようとしていますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

学校で先生が作った教材をDSに配信し、生徒が解答できるようにしたり、博物館で展示物の解説をDSで聞けるようにするなど、公共施設などが目的に合わせた独自のコンテンツを作成し、DSに配信できるシステムが新たに開発されましたメール

例えば学校が導入する場合、教員が自作の教材を無線で生徒のDSに配信すれば、テストなどの解答をパソコンで一覧できるようになります。設備としては無線LAN対応の装置を導入すれば利用できるようですビル

すでに神奈川や京都の学校ではシステムの導入を検討しているようです。

今までも学校の授業でDSを使用している学校はあり、実際に学力アップ効果は出ていました。しかし、短所として、市販ソフトが「高価」であり、破損、紛失の恐れがあることが挙げられていました。このシステムがあれば、もう市販ソフトを買う必要はありません。また、学校や博物館だけではなく、一般企業のスケジュール管理等に使用される予定もあるとのことです。ゲーム機を所持していない人も、ゲーム機に触れてもらういい機会になると思います。

業界に携わるものとして、できるだけ多数の人にゲームを触ってもらいたいという気持ちは常に持っています。
もしかしたら、これから学校の授業がきっかけでゲームを好きになる人がいるかもしれませんねわーい(嬉しい顔)

参考記事
http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?n=AS1D240C3%2027042009&landing=True

posted by 管理人 at 13:02 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。