2008年09月17日

CEDEC2008に行ってきました!

こんにちは。さいやん(齊藤)です。

先週9/9(火)〜9/11(木)の3日間に渡って行われた日本のゲーム業界最大のカンファレンス、CEDEC2008に参加してきました。
業界の各分野をリードする方々が、最先端の試みをセッション講師として事例や動向を紹介されていたり、ラウンドテーブル形式で参加者も交えて意見交換を行ったりと、様々な形態で情報や技術交流が行われている、業界ではかなり大きなイベントですイベント
今年は東京都世田谷区にある昭和女子大学のキャンパスにて行われました。

内容については公式ページやWEB上にも各メディアやblog、ホームページ等にたくさんあがっていますのでここでは割愛させて頂きますが、CEDECにはセッションを受講して得られる情報だけでなく、もうひとつ重要な目的があります。

それは業界内での交流です。

CEDECではDevelopers Nightといって公式の懇親会があります。
また、公式の懇親会以外にも3日間通して行われる中で大小たくさんの飲み会が開かれていますビール
私も懇親会も含めて3日間ともすべての日程でたくさんの方と飲んで騒いで楽しい交流をさせて頂きましたわーい(嬉しい顔)
技術的なことや現場での失敗談や成功例、仕事の環境やゲーム業界を取り巻く情勢等、同じ業界人ならではの共感できる話題で盛り上がり、ときにはマジメに、ときには面白おかしく様々な角度から情報共有ができた貴重な場となりました。
一緒に楽しいひとときを過ごさせて頂いた皆様、ありがとうございました。

業界の外から見ておられる方には、最先端の技術を使いこなし、日々モノ作りに没頭している気難しい人が多いのではないかと思われる方も居られるかもしれませんが、まったくそんなことはありません。
業界の第一線で活躍しておられる猛者ばかりですが、みなさんとても気さくでフレンドリーな方ばかりです。
やはりゲームというエンターテインメントの分野で人を楽しませることを目的としたモノ作りをしているクリエイタばかりですので、自然とそういう人たちが集まってさらに相乗効果で楽しい場になっていくのかも知れませんひらめき

業界については昨今では世界における日本のゲーム業界は北米や欧州に比べて低迷していると言われていますが、市場の伸び率を見ると確かにそうかも知れません。
しかし、ワールドワイドの市場としてみればそれだけ成長しているマーケットであるということが言えると思います。

その中で日本のゲームが広く受け入れられるよう、頑張っていきたいところですパンチ
この機会にお話しさせて頂いた方々をみていると、まだまだ現場の活気は強く、世界に向けていいものを発信していけるだけのエネルギーはあるexclamationと思いますので、業界全体の活性化をしていけるようヘキサドライブも様々なことに取り組んでいきたいと思います。

posted by 管理人 at 17:21 | 日記