2008年09月12日

ゲームプログラマーという職業の説明

こんにちは、ナカムラです。

ゲームプログラマーという職業を志す方々に聞いてみたいことがあります。
「ゲームプログラマー」という職業を、他人にどう説明しますか?

これ、結構難しいんですふらふら
プログラミングのことを理解してくれている人になら、説明は簡単です。
でも、それを知らない人に説明するのは、骨が折れます。
例えばプログラムの事を全然知らない友人に、自分の携わったゲームを説明するとしましょう…



「へー、このゲーム作ったんだ?
 どれを作ったの?このキャラクター?」
「そうそう。」
「へぇ、絵上手いんだね。」
「いや、絵はデザイナーが作ったの。
 それじゃなくて、動きとかを作ったんだよ。」
「動き?ああ、この剣の振り方とか、格好いいね。」
「あ、それは剣振りモーションを作るデザイナーが作ったんだよ。」
「?じゃあ君は一体どこを作ったの?」
「ジャンプとか…」
「へー!ジャンプの動きと剣振る動きって、別の人が作ってるんだ?
 じゃあさ、走るのと歩くのも、専門に作る人がいるの?」
「いや、そういうわけじゃなくて…あせあせ(飛び散る汗)
 あそうそう!敵キャラクターのAI(思考部分)を作ったりしてるよ!」
「そうなんだ?
 そう言えばこの敵、嫌なフェイント攻撃してくるよね!
こういうのを考えてるんだね?」
「えーっと、それはプランナーが考えたんだけど…たらーっ(汗)




…なんて、要領を得ない会話になる事も。
上の会話だけ見ると、まるでプログラマーが何もしてないかのように見えるかもしれませんが、そんな事ないですよ!

確かに最近では、ツールなどの充実により、プログラマーを介さずに、プランナーやデザイナーの方だけで十分な調整が可能なようになってきました。
ユーザーの目に触れる部分は専門家に任せて、プログラマーはプログラマーにしかできない作業に特化するという傾向が強くグッド(上向き矢印)なっています。
プログラマーの専門分野というと…ユーザーの目に触れない、縁の下部分が多いんですよね。それゆえ「これを作ったんだよ!」とゲーム画面を指さして説明することが出来ず、歯がゆい思いをする事もあります。


最後に、ヘキサドライブ社員に聞いた、プログラマという職業の説明の仕方をご紹介します。


レストラン仲間が作ってくれた素材を使って料理を作り、お客様に提供する料理人。
でも、どんな料理を作るのかを自分の一存で決める訳ではなく、味付けの方向性を打ち出す人は他にいる。最後に、味付けを整えたりもする。

家同じく仲間が用意してくれた、外装、インテリア、図面などを元に建物を作る大工さん。

車(セダン)ゲームを車で例えると、制御系、駆動系を作る人。

猫プログラムという言語でコンピュータを操る調教師。

トイレ人形劇で言うところの、人形を動かす人。

映画映画で言うところの、カメラマン。

モータースポーツF1レースでのメカニック。


他の職業に例えてばかりですが、なんとな〜くイメージは伝わるのではないでしょうか?
プログラマーという職業の説明に困った時には、参考にしてみて下さい。

posted by 管理人 at 11:06 | 日記