2013年07月05日

隙間時間のゲーム

こんにちは!
大阪デザイナー阿部です!

じめじめムシムシ暑々な日々になってきましたね。
暑いのが何より苦手な私は本格的な夏に向け「UVカット」ではなく「完全遮光」の日傘を購入しました。
日差しが遮られるだけで暑さがかなり和らぐのでオススメです!遮光!


さて、今回もゲームの話をしようと思います。
大人になると様々な理由から
「テレビの前に座ってじっくりゲームをする」
という時間が取れなくなることが多いです。
そんな中ゲーム欲を満たしてくれるのが

『5分の空き時間にぱぱっとできるゲーム』です。

最近はまさにそんな感じのスマートフォンのゲームアプリが多々あるのですが
そんな中あえて私がおすすめしたいのは「トラビアン」というMMOブラウザゲームです。
(PCをはじめネットに繋がればスマートフォンやタブレット、Vitaからも出来ます)

13_07_05_01.jpg

トラビアンとは
資源を集め、自分の村を拡大していきながら、他のプレイヤーと協力、または対抗しながら
最終的にワンダー・オブ・ザ・ワールドという塔を建てるのが目標のゲームです。

ゲームの基本操作自体は簡単で、どの施設(又は資源)パネルを上げるか、兵士をどれだけ生産するか・・・等、ぽちぽちとクリックするだけです。
一回に触る時間は短い時で数分ぐらいです。
洗濯物をタンスにしまう通りがかりにぽちぽち
お湯が沸くまでの間ぽちぽち・・・・

13_07_05_02.jpg
倉庫のレベルを上げようぽちぽち・・・

そんな感じで短い時間に簡単操作でできるナイスゲームなのですが
・・・実は、そんなぽちぽち簡単な時期は最初だけ、
ある程度村が発展してくるころには高度なコミュ力社会性を必要とするゲームに変貌するのです。

このゲームでは他のプレイヤーの村に攻撃をしかけることができるのですが、
自分に攻撃が来た時、その攻撃を止めてもらわなければ自分の村が思うように発展できません。
攻撃を止めてもらう手段はいろいろあるのですが、その一つが交渉です。
攻撃相手に攻撃を止めてもらえるようゲーム内メッセージを送るのですが
「攻撃をやめて!」
とだけ言っても止めてくれることは少ないです。
「攻撃を止めることこのようなメリットがありますよ」
または
「私を攻撃すると他の人集めて反撃しますよ」
等々・・・交渉の方法は様々・・・相手と相手の背景(協力者等)を見極め強気で行くか引くか、
かつ如何に相手を不快にさせないように交渉していくかが後々の生存に繋がるのでたかだか一つの交渉ですが疎かにはできません・・・。
(知らず知らずのうちに敵を作り、忘れたころに一斉に標的にされる・・・なんてこともあったりします)

さらに、このゲームにはプレイヤー同士が集まり一つのグループを作る「同盟」というシステムがあります、
この同盟を自らがリーダーとなり運営していこうと思ったら
もう完全に「管理職」又は「経営者」のような立ち振る舞いが要求されるのです。

1最終的にどのようになりたいか明確なビジョンを持つ
2同盟内のルールや連絡システムを作る
3孤立しないよう他の同盟と話し合い、仲間を作り、有事の際には連絡し合い対応
4同盟員のモチベーションを保つためこまめに連絡を取る

・・・等々・・・・

こうなるともう
ゲームをプレイしている大部分がぽちぽちクリックではなくコミュニケーションと運営になっていたりします。


と、こんな感じのゲームなのですが、私はかれこれ5年、今回で4回目のプレイになります。
(ワンダーオブザワールドを建てるまで大体一年ぐらいかかります)
最初は短い空き時間にできていいなー、ぐらいの気持ちで始めたのですが
今では他のユーザーと話し合い、協力し、同じ目的のために力を合わせるその過程が楽しくて続けてしまっています。
もはやゲームというより一種のコミュニケーションツールでもあったりするんですね。


人を選ばず、気軽にできて、やりこむ人にはやり込めて
これをすることによって何かしら成長できる


そんなゲームが私も作りたい!
・・・と、ぽちぽちしながら思う日々です。

13_07_05_03.jpg
(現在の私の首都です。どのサーバーでプレイしているかは・・・秘密!)






posted by 管理人 at 16:55 | ゲーム