2013年04月04日

GDC2013 & CEDEC2013

こんにちは。さいやん、こと齊藤です。

今年も行ってまいりました、GDC飛行機

20130404_1s.JPG
※受付のある会場の入り口の様子。

20130404_11s.JPG
※MainConference初日に行われた巨大なホールでの
FlashForwardと呼ばれるセッションのダイジェスト紹介の様子。
基調講演の代わりに、3日間で行われるセッションの登壇者が
自身のセッションについて要点を話すのが連続で行われます。



各セッションの詳しい内容は、4GamerさんGAME Watchさん
等の各メディアにも取り上げられていますのでそちらに譲りますが、
今年感じたことを書かせて頂きます。


今年一番感じたことは、圧倒的なモバイル携帯電話の勢い右斜め上です。
F2Pモデルは当たり前になり、ゲームにせよSNSにせよ広告にせよ
携帯電話やタブレット等のモバイルを利用するユーザーに向けた
市場が圧倒的なまでの存在感となってそこをいかに活用するか
ということにだいぶフォーカスされているように感じました。

まだまだハイエンド系のゲームやその開発技術に関する関心も高く、
それらのセッションの人気もとても高かったですが、マーケットや
ビジネスのセッションではモバイル市場でいかに成功をつかむかの
セッションがとても印象的でしたひらめき

全てのセッションを見ることはできないのですが、
直接現地で空気を感じることができるのはGDCでの重要な情報の一つだと
思っています。

また、各社がブースを構えて出展しているGDC Expoや、
20130404_2s.JPG

インディーズゲームの展示がされているGDC Playも活況で、
ゲーム熱を感じます。
20130404_3s.JPG


GDCには日本からも講演者や聴講者が海を越えて参加されており、
意欲の高い方々と直接意見交換ができるのも魅力ですハートたち(複数ハート)
GDCは世界最大のゲーム開発者向けのカンファレンスですので、
今後も引き続き注目していきたいと思います。


さて、最後にCEDEC運営委員として宣伝させて下さい。
GDCに続き日本でも8月にCEDECが開催されますイベント
GDCで刺激を受けられたみなさんexclamation
是非CEDECでは講演する側で参加してみませんかexclamation&question
CEDEC2013では講演者を募集しておりますので、
業務のなかで培われたノウハウを是非とも業界の発展のために共有頂いて、
欧米にも負けない日本のゲーム作りの現場力を高めていきましょうexclamation×2

ご応募お待ちしておりますexclamation
(4月8日(月)に締切迫るexclamation×2

posted by 管理人 at 17:25 | 日記