2012年10月17日

クロスオーバー!!

お久しぶりです。
最近も野球野球の話題ばかりに注目しているマックスです。
今年は、私の好きな広島東洋カープが残念ながら4位という結果に終わりましたがもうやだ〜(悲しい顔)
来年こそは、きっと優勝してくれると信じていますぴかぴか(新しい)
(去年も似たようなことをブログで書いた気がしますが、気のせいです…たらーっ(汗)
しかし、広島東洋カープの優勝がなくなったからといって
来年まで野球の楽しみがなくなるわけではありません。
例年と違い、もうすぐ「WORLD BASEBALL CLASSIC(WBC)」がありますぴかぴか(新しい)
WBCは野球の世界大会で、各プロ野球球団の代表選手が
日本代表のチームとして一丸となり、戦いますパンチ
最近では、監督が決まり、代表選手の選考も
着々と進んでいるようでますます目が離せません目

さて、一丸となるといえば、先週、このようなゲームが発売されました。
pxz.jpg

その名も「PROJECT X ZONE」です。
ゲームメーカー3社の代表するキャラクターが1つのゲームに集まり
ストーリーが進んでいくシミュレーションRPGでするんるん

7年前に発売され、2社のキャラクターが登場して
人気を集めた「NAMCO x CAPCOM」の続編という声もあり
さらに今作では3社のキャラクターが登場するということで
発売前から注目されていたタイトルだと思います目

私も発売日に購入し、早速プレイしました手(チョキ)
一言で感想をいうならば、やはり「キャラクター数が多い!」です。
初回特典で付属する「登場作品紹介&設定資料集」には
60の数のキャラクターが紹介されているのですが
それ以上の数のキャラクターが続々と登場してきます。
(気になる人は、実際にプレイして数えてみてください手(パー)

もちろんそれだけ数が多くなると
知っているキャラクターがいれば、知らないキャラクターも出てきます。
しかし、キャラクター間のやりとりが多く、その会話を楽しませることによって
知らないキャラクターへも愛着や興味を沸かせるような工夫がされており
そのキャラクターが登場する他作品へも影響を大きく与えているように感じますわーい(嬉しい顔)
また、懐かしいキャラクターが登場することで、幅広い世代で楽しめる作品になっています。
自分の好きなキャラクターがストーリーにどのように絡んでいくのかも本作の楽しみの一つであり
私もロックマンXのキャラクターが好きで買ったと言っても過言ではありませんるんるん
(まだ、登場するまでプレイできていませんが…たらーっ(汗)

ヘキサドライブでも、オリジナルタイトルで人気作品を出して
いつかこのようなコラボレーション作品を他会社さんと一緒に作れればと思いますグッド(上向き矢印)
それではまた手(パー)

posted by 管理人 at 21:34 | 日記