2012年08月21日

思考実験

8月も残り少なくなりましたが、まだまだ暑い日が続きそうですね。
こんにちは、ササモンです。

皆さんは、「思考実験」という言葉をご存知でしょうか?
簡単に説明すると実験機材を使わずに仮定した前提から思考のみによって実験をすることです。
実行せずに頭の中で現象を想像してみましょうということですね。
例えば、アインシュタインの特殊相対性理論などは思考実験であるといえます。

科学的な事象ではない思考実験というものも存在します。
例えば、線路工事をするために手前の駅で止まるはずの列車のブレーキが利かず暴走しました。
そのまま進むとその先のトンネルで作業をしている40人が犠牲になります。
ただし自分の目の前にあるポイントを動かすと列車が別のルートを通ることになり
そのルートで作業している5人が犠牲になります。
列車を止める手段は存在しておらず作業員たちに知らせる手段もないので
犠牲を0にすることは不可能な状況。
このように自分の意志で犠牲になる人を選択しなければならない状況でどうすればいいのだろうか?
これに対する明確な答えは存在していませんし、どちらを選んでも正しい答えにはなりえません。
(この問題は、ハーバード大のマイケル・サンデル教授がテレビで扱ったので有名ですね)

自分が今読んでいるのは、この手の思考実験を100例ほど集めた本で
「100の思考実験: あなたはどこまで考えられるか」
です。
どの問題も明確な答えは存在しませんが、どのように問題を捉えて考えていくか
その解説がなされているので自分で考えながら読んでいます。
答えが出ないことは、気分的にモヤモヤするかもしれませんが、
いつも理論的に答えを導き出そうとしてる脳に別の刺激を与えてみるのもたまにはいいと思います。

興味を持った方は是非読んでみてください。
それでは、また。



posted by 管理人 at 16:07 | 日記