2012年08月20日

VisualStudio2010 Tips

おはようございます。平尾ですわーい(嬉しい顔)
最近関西ではゲリラ豪雨に見舞われることがちょこちょこあり、
携帯している折りたたみの傘では歯が立たないこともしばしば台風
突然すぎて対応仕切れないときもあるかと思いますが、みなさんお気を付けください。

2010-10-14-0.png


本日は Visual Studio 2010 のtipsを3つ紹介したいと思います。
1.VC++ディレクトリの設定方法
2.ツールバーの長さ変更方法
3.矩形選択時の文字入力


1.VC++ディレクトリの設定方法
VS2008には「オプション」→「VC++ディレクトリ」でインクルードパスの設定などを行う事ができました。
ところがVS2010ではできませんがく〜(落胆した顔)
    ↓
  20120820_d00.png

良く読むとユーザープロパティーシートから設定できるとのことなので、そのやり方を紹介します。
まずは、プロパティーマネージャを開きます。
  20120820_d01.png

Debug | Win32 などがありますが、どれでも良いので開き、
Microsoft.Cpp.Win32.userをダブルクリック。
  20120820_d02.png


するとプロパティの中に「VC++ディレクトリ」が!
  20120820_d03.png
設定し放題ですexclamationexclamation


2.ツールバーの長さ変更方法
VS2008でもツールバーを伸ばすのは一手間いりましたが、
VS2010ではやり方が変わってました。

個人的にはソリューション構成のバーは長めにしておきたいのです!
  20120820_t00.png

というわけでツールバー横の空欄を右クリックしましょう。
  20120820_t01.png

メニューの一番下に「カスタマイズ」という項目があります。
(あまりに長いので図では割愛しています)
  20120820_t02.png

カスタマイズを開くと、いろいろ設定できるところがありますが、
下図を参考に選択していってください。
  20120820_t03.png

すると目当ての「ソリューション構成」が出てきましたので、ボタンを編集!
今回は幅を数値入力する形になっているので、
お好みの長さになるまで数値を編集して下さいメモ
  20120820_t04.png
スッキリですぴかぴか(新しい)



3.矩形選択時の文字入力
VSでは「ALT + SHIFT + 矢印キー」で矩形選択ができます。
以前マイキーも紹介していました
評判の矩形選択ですが、VS2010では矩形選択中にも文字入力ができます!

こういう状態から↓
  20120820_b00.png

ALT + SHIFT + ↓ キーで矩形選択をすると、うっすら縦のラインが出ます。
(矩形というかライン選択?)
  20120820_b01.png

そこで文字を入力すると、選択した領域に文字を入力できます!
  20120820_b02.png
使う頻度はそんなに無いかも知れませんが、覚えておくとどこかで使える日がくるかもしれませんひらめき


2010-10-14-0.png


こんなふうに開発中にひっかかったりして調べたものは、
きっと他の人も同じように検索してると思いますのでサーチ(調べる)
出来るだけ情報を共有できればと思いました目

今後もいろいろ見つけたらお知らせしたいと思いまするんるん

posted by 管理人 at 09:00 | プログラミング