2012年07月17日

ゲームのメディアミックス

こんにちは、松下です。

昨日に引き続き、今日も暑いですね!
関東では、最高気温が39度を越えたところもあるとか!!晴れ

さて先日の土曜日は、ポケモン映画の初日という事もあり、
子供と任天堂DSをもって、映画館に行ってきました。

---

ポケモン(ポケットモンスター)といえば、今から15年以上前に任天堂のゲームボーイで発売されたRPGで、
その後たくさんのシリーズが作られています。
ゲーム以外にも様々なメディアミックスをしていて、TVアニメにもなり、劇場用の映画にもなっています。

僕もポケモンは、非常に好きで、ゲームボーイの第一作目からやっています。
少年(少女)が自宅より旅立ち、ポケモンをバトルでゲットし、ライバルとの対決、様々な人との出会いを経て成長していくというRPGです。(私の認識では…)
また、同じシリーズに複数のバージョンがあり、一つのバージョンだけでは全てのポケモンを集めるのが難しいため、友達とポケモンを交換しながら集める、という特徴があります。

実はここ何年か、ポケモンのゲームプレイからは離れていたのですが、
小学生の息子が「是非一緒にやりたい」との事で、最新の『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』
をプレイすることになりました。

久しぶりにポケモンをプレイして思ったのは、シリーズの安定感(完成度)、です。
ゲームの進め方や、基本のルールなどは、初代からほとんど変わっていません。
それでもユーザーを飽きさせないような新しい仕組みも入っています。

また、様々な方法で通常では捕まえられないポケモンを入手する方法があり、
商売としても、非常に素晴らしく出来ています。

『ポケモンセンターなどのイベントで貰える』というものに関しては、
ついつい、行った際に一緒にポケモングッズを買ってしまいます。

『映画での連動』も素晴らしく良く出来ていて、
「映画の前売り券を買うと貰える」ポケモンが居て、
「映画館を見に行くと劇場で貰える」という別のポケモンがいます。
これらの仕組みは間違いなく映画の売り上げにも大きく貢献していると思います。

ゲームのメディアミックスをしている作品でも、ここまでの連動が出来ているのは、
ポケモンだけだと思います。
素晴らしいです。

---

などという事は、映画を見ている間には特には考えず、映画を楽しんでいました。
あの頃からサトシは相変わらず良いヤツだし、ピカチュウも相変わらず可愛いかったです。
今年の映画でも、頑張っているポケモンの姿にウルウルもうやだ〜(悲しい顔)来てしまったのは、
年のせいでしょうか…。


私たちが、今すぐにポケモンを超えるゲームを創り出すのは難しいと思いますが、
いつか超えられるように精進します!
(昨日、カミツレさんをやっと倒しました。こちらも頑張ります!)

みなさんも、興味を持たれたらレッツプレイ!!

posted by 管理人 at 17:35 | ゲーム