2011年05月31日

ディズニーシー!

こんにちはexclamation×2
先週の日曜にディズニーシー船へ行ってきました、マイキーです。

東京へ引越してきて1年半程経っているのですが、未だに行った事がなかったので非常に楽しみでした。
当日、元々台風だった熱帯低気圧が直撃していた為強烈な風雨雨に見舞われ、
びしょ濡れになりながらアトラクションを巡って参りました。
先述の通り天候が芳しくなかった為、待ち時間が3〜5分と非常に短く
一日でほぼ全てのアトラクションを回る事ができましたグッド(上向き矢印)

私の体験したアトラクションやショーは何処でもディズニーのキャラクターたちと一緒に居るような、
お客様をディズニーの世界感で包み込む、規模の大きな物でした。
プレイヤーにコンテンツ側の世界へ「入ってきてもらう」ビデオゲーム等とは正反対のアプローチですね。
しかしながら、「お客様(プレイヤー)に楽しんで頂く」という目標は同じです。
人を楽しませるプロとして、多くの事を学べたと思います。
エンターテイメントに関する業界を目指す学生の方は、是非とも行ってみて下さい!

さてさて、楽しんで頂く為のアプローチはビデオゲームと正反対だったディズニーシーですが、共通している部分もありました。
それは「一つの目標を達成する為に、多くの人や仕掛けが動いている」という所です。
マーメイドラグーンシアターというワイヤーで演者さんを吊るすショーを見ていた時に、
ワイヤーを操作している機械に気づきました。
その機械の動きは優雅な演者さんのそれとは逆に、非常にダイナミックで激しい動きをしていましたどんっ(衝撃)
ビデオゲームないし多くのソフトウェアを作成するにあたって、
見た目には地味な部分にかなり複雑な処理を用いていたり、
その逆で大きな動きのある処理をほんの少しのコードで実現している事はままあります。

一つの動き・画面の裏には、沢山の人と仕掛け、処理が動いています。
勿論それらは概ね見えない所にありますので、
ちょっとどこかへ遊びに行くとき、また映画を見るとき何かは
「この裏で何をしているんだろう?」
と思いを馳せてみてはいかがでしょうか目


posted by 管理人 at 23:58 | 日記

2011年05月30日

輪と輪を繋いでワープ

一時、もう夏かと思うくらい暑い日晴れが来ましたが、一転して雨雨で気温が下がる週末でした。
でも、湿気でやっぱり暑く感じる今日この頃ふらふら。梅雨入りを肌で感じてきましたね。
こんにちは、ハラです。

今回は、先週末にPortal2をプレイゲームしていたので、その事について書いてみたいと思います。

どんなゲームかをご存知の人もいるかと思いますが、ざっと説明するとひらめき
このゲームは、壁や床にポータルと呼ばれる穴を2つ作成することが出来ます新月新月
この2つのポータルは繋がっており、距離が離れた場所でも行き来できます新幹線

例えば、床と天井にポータルを作成したとします。
この床に作ったポータルに入るバッド(下向き矢印)と、天井から落ちて出てくるバッド(下向き矢印)といった具合です。
他にも色々なギミックがありますが、このポータルを使った移動を軸にパズルを解いていくゲームです。

この説明だけだと、まだまだイメージが湧かないと思いますが、
より詳しい説明は、公式ホームページなどを見てみて下さい目
図入りで分かりやすいと思いまするんるん


さて、ゲームとしても面白いと思うのですが、
このブログを見て頂き、将来はゲーム開発を目指したいと思う人にお勧めしたいのは、
ゲームの中に用意されているゲーム開発者による解説を見るモードですわーい(嬉しい顔)

普段から、自分がゲームをプレイした際、
  ・ここは、なぜこういう仕様になっているんだろう?
・ここは、自分ならこういう仕様にしたい
といった、考察をしているかと思いますが、
このゲームの中では、開発者自らが「なぜこの仕様にしたのか?」を解き明かしてくれますひらめき

内容は、企画的な内容からネットワークプレイ向けの仕様、プログラミングなど意外と多岐に渡ります。

なるほどわーい(嬉しい顔)と思う内容が見つかるかもしれませんし、
そうは言っても自分ならこうしたいちっ(怒った顔)と思う点が出てくるかもしれません。
開発者の意見付きなので、普段よりも実りのある考察が出来ると思いますよひらめき

機会があれば、是非試してみて下さい。

posted by 管理人 at 14:36 | ゲーム

2011年05月27日

わかっているつもり

関東地方も梅雨入りしたようで、最近雨の日が多いですね。雨
記録的にも早い梅雨入りのようです。
雨だと傘を差さなければいけないとか、洗濯物が干せないとか何かと面倒ですが、
湿気が多いのも困りものです。たらーっ(汗)
汗かきの自分にとっては蒸し暑くなるのが困りのもですね。あせあせ(飛び散る汗)
不快指数もうなぎ昇りです。グッド(上向き矢印)
こんにちは手(パー)汗かきな「オクダ」です。

昨日(日本時間の今朝)「Google Wallet」が発表になりました。
google版おサイフケータイともいわれている通り、
ガラパゴスな日本のサービスがグローバルにも取り入れられているようです。
JR東日本のサービス「モバイルSuica」もこの夏からAndroid端末で使用できるようになるようです。
モバイルSuicaが使えないという理由でスマートフォン導入をためらっていましたが、
そろそろ検討してもいい時期になってきたようです。

ここ最近の新機種の増加により、もはやスマートフォンは珍しいものでは無くなってきました。
「次の買い替えタイミングではスマートフォンにしよう」と考えている人も多いようです。

自分自身はさまざまな理由からまだスマートフォンにはしていないのですが、
業務の都合もあって会社のスマートフォンを持ち始めました。

DSやATMをはじめとしてタッチインターフェイスに触れる機会は今までもありました。
業務でタッチパネルを扱った事もあるので、直接画面を触るデバイスに関してある程度の知識もあります。
タッチインターフェイスの利点と弱点はわかっているつもりでした。

しかし、スマートフォンとして使用したり、このサイズでの使用感だったり、
多くのアプリに触れる事でわかった事がいくつもあります。
このサイズのタッチで本気で文字を入力する事も、今までにない体験でした。メモ
名前や目的地、ちょっとした数字を入力する事は今までにもありましたが、
メッセージやメールを書くと、今まで見えなかった事に気付かされました。

「わかっているつもり」でも、実際に触ってみるとわかっていない部分がある事を改めて感じています。

何事にも「わかっているつもり」にならないように、精進していきたいですね。パンチ

posted by 管理人 at 15:49 | 日記

2011年05月26日

クラフトマンシップ

こんにちは。さいやん、こと齊藤です。

先日、TVでも取り上げられていて気になっていた、ここに行ってきました電車ダッシュ(走り出すさま)
20110526_01.jpg


「ものづくり」をテーマに、ショップ内に工房があるかたちのお店が多く、
職人さんの制作作業を間近で見られるような、作り手とお客さんの距離が
ぐっと縮まるような店づくりが意識されています。
20110526_03.jpg
※写真は店外から撮影しました。
お店に入ると、もっと間近で見られます!



JRの高架下に、そんなユニークなお店が軒を連ねる形で一つのテーマパーク
のようになっているのが2k540。
20110526_02.jpg

公式サイトはこちら。
http://www.jrtk.jp/2k540/

2k540限定の商品プレゼントなどもあり、ウィンドウショッピングだけでも十分楽しめますわーい(嬉しい顔)

陳列された商品から得られる情報だけでなく、実際に作り手の職人さんとお話し
させて頂くことで得られる裏情報やこだわりなどを聞くと、ぐっとその商品の
魅力が増す
ように感じましたグッド(上向き矢印)

ゲーム制作においてはなかなか発売前にその制作過程をユーザーの皆様に
お見せする機会も少なく、一部の宣伝担当者を除くと現場の作り手との対話で
その魅力を伝えるということはほとんどないのですが、イベントイベントというかたちで
少しでも身近に感じられるような取り組みはゲーム業界でもたくさん行われています
中でも東京ゲームショウなどは有名ですねゲーム

また、発売前に一般ユーザーの方に触れて頂く機会は少ないと書きましたが、
質の向上のため、モニタリングテストというかたちで一般の方に参加頂いて
テストプレイをして頂き、難易度や操作性のチューニングをするということは
行われていますひらめき
特に、子供向けタイトル等に関しては、制作者である大人の思惑が対象となる
子供の感性と大きくズレていないかを確認するために実施されることが
多いように思います。

「ものづくり」において、その商品の特性に合わせた様々な取り組みで
お客様により価値のある商品をお届けするための努力が行われていることを
再確認することができましたぴかぴか(新しい)

ゲーム制作のみならず、さまざまなクリエイティビティに触れることは、
ゲーム制作自体をまた違った角度から見直すことにつながりますので、
常に色々なことにアンテナを張って、自分の目で見て目、触れて手(パー)
作り手としての幅を広げていきたいと思いますパンチ


posted by 管理人 at 21:35 | いいモノづくり道

2011年05月25日

便利な物は使いましょう

こんにちは。イノウエです。

月日の流れは早いもので、
このブログで子供が生まれた話をしてから
1年半が経とうとしています。

子供の成長も早く、走り回れるようになり、
何かのマネをするようにもなり、
器用な動作も少しずつ出来るようになってきましたグッド(上向き矢印)
テレビでレディー・ガガのPVが流れた時、
マネして踊っていたのはビックリでしたひらめき
難しくて全く出来ていませんが、
本人はすごく楽しそうで、とても和みましたいい気分(温泉)
そのうちゲームも一緒にやってくれるかなぁ…ゲーム


さてさて、この流れで、
子育てに使っているソフトやサービス、アプリなど紹介してみます。
(ゲーム会社とはあまり関係ないかもしれませんが…
 プログラマ集団な会社として、色々使いこなすのも仕事かなと。
 け、けっしてネタ切れなわけでは………あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


Evernote

もう説明の必要がないほど有名ですね。。
書いたり撮ったりなんでもメモ出来るサービスです。
子供の成長記録を残すため、写真を添えて日記を書いています。
私はAndroidユーザーなので、Androidのアプリを使っていますが、
気軽にどこででも書けるので便利です。


Skype

これも有名すぎてもはや…な感じですね。
時々、実家とビデオ通話をしています。
動く孫の姿が見れると大喜びですわーい(嬉しい顔)
子供は最初、モニターの裏に相手がいると思っていたようで、
しきりにノートパソコンの裏を確認しようとしていましたたらーっ(汗)


Dropbox

これも有名ですね。
実家に子供の写真や動画を送る時に使っています。
最初は写メで送っていましたが、
親の携帯用にリサイズする必要があったり、
大きなデータの動画は送りづらかったりしたので、
気楽にポンポン送るために使い始めました。



他にも色々書きたいですが、長くなりすぎるのでこの辺で…
スマートフォンのアプリでは、赤ちゃん用のガラガラがあったり、
お絵かきや絵本の朗読があったり、オムツ交換や授乳の管理アプリもあります。
気になる方は、探してみて下さいぴかぴか(新しい)


プログラマという職業では、こういった便利な物を必要に応じて使い分ける事も大切です。
仕事に使える便利な物はどんどん取り入れ、より効率よく仕事を進める必要があります。
子供の成長にも、時代の流れにも遅れないよう、出来る男を目指しますグッド(上向き矢印)パンチ


posted by 管理人 at 17:02 | ソフトウェア紹介

2011年05月24日

セキュアコーディング

おはようございます、マーシーです。

GWも終わり、めっきり暖かくなってきましたね。
私は半袖、ハーフパンツと一足お先に夏の格好を満喫しております晴れ

さて、本日は書籍の紹介です。

「C/C++セキュアコーディング (SEI SERIES・A CERT BOOK)」





int foo[10];
for( int i=0; i<=10; i++ ) {
foo[i] = i;
}

配列の要素数を超えた値にアクセスしようとする
一般的に「バッファオーバーフロー」と呼ばれる処理です。
プログラムを書いたことがある人であれば、
ほとんどの人がお目にかかったことがあると思います目
そして、このソースを見たプログラマは
「やばい、すぐに直そう(直してもらおう)」
と考えるに違いありませんあせあせ(飛び散る汗)

この本は上記のような危険なコードに対して、
それがなぜ危険なのか、下記の点から詳細に解説してくれます。

1プログラムコードの中でどのような処理がされるのか?
2所謂、悪意ある攻撃者が、この危険なコードにどのような攻撃を行うことができるのか?

例えば、上の「バッファオーバーフロー」ですが、
これはプログラム作成者が「意図しない」メモリを上書きしてしまいます。
もし、上書きされるのがスタックポインタであったり、フレームポインタであった場合、
そのプログラムは停止すると思われます。
しかも、悪意ある攻撃者にかかると、この上書きの特性を利用して
送り込んだウィルスプログラムをリモートで実行することすら可能になってしまいますがく〜(落胆した顔)

このような危険なコードに対する対処法もいくつか掲載されています。
いくつか抜粋して紹介します。

1危険な処理を起こしやすい関数をより安全な拡張関数に変更する
2プログラムを実行した際に危険なコードを検知するような仕組みを入れる
3危険なコードを検知するようなライブラリを組み込む

この本を読んでいくことで、自分が如何に危険なコードを書いていたのかということがよくわかりました。
また、危険なコードを書く事を未然に防ぐためには、
それがどのように危険なのか、正しい知識が必要だとも強く感じました。
もし、危険なコードに心当たりがあり、それを予防する方法に興味を持たれた方は
是非、この本を読んで見てくださいわーい(嬉しい顔)

私もこれからは危険なコードを書かないよう意識して、プログラムをしていこうと思います。

posted by 管理人 at 11:40 | 書籍紹介

2011年05月23日

サンプリング

お久しぶりです。手(パー)
テレビゲームゲームもHD化され一般的にはにじみの無い液晶での表示がされる今日この頃、
画面を綺麗に見せる技術の一つにアンチエイリアスというものがあります。
1ピクセル毎の色の差が大きいところは非常に目立つので、
その目立ちを抑える技術になります。目

昨今では高速に処理する為の手法が色々と研究されていますが、
(リアルタイム用では円滑化フィルタ系が発表されていたりします。
ヘキサドライブの少し前のブログにもこのような記事がありますね。
http://hexadrive.sblo.jp/article/43456018.html)
私は古くからあるスーパーサンプリングやマルチサンプリングと呼ばれるアンチエイリアス手法が大好きです。

このアルゴリズムはシンプルです。
画面に表示される1ピクセルを求めるのに、
それより大きな画像からの平均を利用すると言う方式です。
乱暴な表現をすると大きな画像を縮めると綺麗な小さな画像が出来るという事になります。
マルチサンプリングはこの大きな画像を用意せずに平均を求めて行く処理ですね。

私がこの技法を気に入っている所は、
1ピクセル以下にしか映らない小さなポリゴンを拾うことが出来る事と、
仕組みがシンプルなので画像に対するアンチエイリアスを理解しやすいところです。
理解のしやすさは丁度バブルソートと同じ位でしょうか。

実はこのアンチエイリアスという技術はゲームだけの技術ではなく、
映画等で使われるCG技術等で培われていたものです。
こちらの業界ではこのスーパーサンプリング/マルチサンプリングの技法を進化させて、
必要な箇所だけサンプリングする事で処理時間を抑えているようです。
adaptive samplingで検索をすると色々と見つかると思います。

何年かしたらゲームでも映像業界で使われている手法が使われるようになるかもしれません、
その時に備えて今からそんな先取り技術の勉強など如何でしょうか?
という事でレイトレースの勉強を始めてみているgood sun晴れこと山口でした。


posted by 管理人 at 20:57 | 日記

2011年05月20日

積算回路

こんにちは
最近自宅のCPUをSandy Bridgeにしたタイラです。わーい(嬉しい顔)

さて、CPU繋がりで今回も回路図シリーズをお届けします。
3回の今回は積算回路です。

積算:掛け算 の最も簡単なものは2進数での筆算を考えて頂ければと思います。


20110520_筆算.JPG


この計算をそのまま回路図にしたものが以下になります。

0110520_mul_1.PNG
※全加算器を展開した状態で書いてきましたが、あまりにも巨大になる為、今回は省略した形で書いています。


今回も4bitの回路なので 4x4 の16個の全加算器を使用していますが、
64bitの回路を作ろうとすると 4096個の全加算器が必要になります。ふらふら
図は書きたくないですね。あせあせ(飛び散る汗)

コンパイラの最適化によって自動的に置き換わってしまう場合もありますが、
掛け算の代わりにシフト演算を使った方が速いといわれるのはこの為です。

もちろん市販のCPUにこのままの回路が入っている訳ではないですが、
積算は加算に比べ、計算量がこのくらい増えるのだというイメージを持つことは出来るのではないでしょうか。ひらめき

みなさんも、プログラムで掛け算をする際には少し気にかけてみては如何でしょうか。わーい(嬉しい顔)
それではまた。手(パー)

posted by 管理人 at 20:36 | 回路図

2011年05月19日

御舟かもめ

こんにちは〜。
GWは博多でラーメンを食べて、金印をみました☆しばやんでするんるん

今時分は本当に気候がよいので、お出かけに最適ですね。

わたしは先週末、御舟かもめに乗ってきました〜。

大阪は水の都とも呼ばれ、街の中心部をいくつも川が流れています。
最近は、阪神ファンが飛び込むことで有名なあの道頓堀川をはじめ、
あちらこちらの川が整備され、水質もとてもよくなってきているのだそうです。

今回はカフェクルーズに参加して、お茶を頂きながら初夏の風に吹かれました!

おふね.jpg
船首を陣取り、ルフィ気分。ワクワクするな〜☆

思ったより緑が多く、岸辺にいる人たちも手を振ってくれます手(チョキ)
景色だけでなく、小さなふれあいに心が和みました。
大阪はえぇ街ですね。

気分転換の方法はたくさんありますが、舟が苦手でなければクルーズはオススメですょグッド(上向き矢印)
わたしは次回バークルーズに行くと決めていますぴかぴか(新しい)

それではまた。

posted by 管理人 at 15:57 | 日記

2011年05月18日

知識ゼロから学ぶソフトウェアテスト

こんにちは、ナカムラです。

みなさん、ゲームソフトの品質と聞いて、頭に思い浮かぶのは何ですか?
・グラフィックの綺麗さ
・サウンドの良質さ
・ゲームの面白さ
等でしょうか?
プログラムの品質に注目して考えると、次のようなものも品質の一つとして捕らえることが出来ます。
・処理速度
・バグの少なさ

「えexclamation&questionバグなんて、無くて当然でしょ?多いとか少ないとかの問題じゃなくて。」
最終的な製品を手にするユーザーの皆さんから見れば、その通りかもしれません。
しかし、製品になった時点でのバグだけでなく、開発途中のバグの少なさも重要なのです手(グー)
開発中であれ、バグが少なければ少ないほど、デバッグに費やす時間が短くて済み、その労力を他のクオリティアップグッド(上向き矢印)に回せるのですから。

では、開発途中のプログラムに関してバグが少ないかどうか、どうやって計れば良いでしょうか?
発見されているバグの数が少ないからといって、プログラムの品質が高いとは限りません。
テストの質が悪くて、存在するはずのバグが見つけられてない場合も、バグの数は少なくなりますからねバッド(下向き矢印)
つまり、バグが少ないかどうかの品質を計るには、まずテストの品質が高いかどうかを確認する必要があるのです。

今回は、そういったテストについて書かれた本本をご紹介します。

2011_0517_book_2.jpg

著者は、マイクロソフトで品質管理をされていた日本人の方です。
本のタイトル通り、初心者にもわかりやすい内容になっていますぴかぴか(新しい)


この本では、不具合やテストに関する品質を見える化する為の指標(メトリックス)をいくつか紹介しています。

・不具合のメトリックス
 重要度を考慮した上での、バグ発見数の推移
 コンポーネント毎のバグ発見数

・テストのメトリックス
 ソースコードの何%をテストしたのか?
 テスト担当者以外のバグ発見数
 テスト種類数、テストの自動化率

・ソースコードのメトリックス
 追加、削除、変更されたコードの行数
 ソースコード1000行あたりのバグの数はいくつか?
 複雑度はどれくらいか?

などなど・・・


就職作品を作る時など、比較的小規模の開発なら、ここまでのメトリックスを気にする必要はないとは思いますが、
「他と比べて、実行回数が少ない(テストが少ない)処理は無いだろうか?」
という程度は注意してみた方がよいかと思います。
折角の作品がストップしてしまうと、印象が悪くなりますからねふらふら

***


この本には他にも、バグの潜みやすい箇所、バグを見つける時の基本テクニックなどが紹介されています。
作品提出前にこの本を読んで、バグチェックしてみてはいかがでしょうか手(パー)


posted by 管理人 at 15:59 | 書籍紹介