2010年06月07日

画像からプログラムを作る

東京での初めての梅雨入りが近づきつつある今日この頃。
はたして、我が家の洗濯物事情は、この季節を乗り越えられるのだろうか・・・雨
こんにちは、ハラですわーい(嬉しい顔)

ちょっと面白い言語の事を知ったので、それについて書いてみたいと思いますメモ

スクリプト言語やバッチファイルなどを使い、定型的な作業を楽に行いたいと思った場合、
共通した泣き所があったりしますもうやだ〜(悲しい顔)

その作業の中に、GUIツールの操作が含まれているケースですパンチ

特定のメニューを開き選択肢、出てきたダイアログのボタンをクリックして・・・・
といった工程を実現しようとするとかなり大変ですバッド(下向き矢印)


これらの問題を解決出来るかもしれないのが、「SIKULI」というプログラミング環境ですひらめき

このSIKULIの面白い所は、スクリーンショットカメラを使ってプログラムを組めるという所です。
現在の画面や保存しておいた画像ファイルを使い、一部分を選択します。
その選択した部分をプログラムに使えてしまうんですね。

例えば、「click」というコマンドでは、↑で指定した画像の一部分を
現在の画面内から探し、その画像の中で指定した場所を左クリックする。
という機能を提供してくれます。

他にも、「指定した画面が現れるまで待つ機能」や
「文字列を入力する機能」など色々実現出来そうな機能が揃っていますひらめき

何か面白い事はできないかと、実際に触ってみました。
が・・・・意外と難しい・・・・ふらふら

画像で比較するため、複数の場所で候補が見つかる画像が使えなかったり、
実際に実行した時に別のウィンドウを開いていて、正しく動作しなかったりと
今までの言語とは違うコツが要りそうですあせあせ(飛び散る汗)

また、画像での比較を行うため、全体的に動作が遅いという特徴もあります。


このSIKULI自体がベータ版であるように、これから拡張・改良されていくのだと思います。
すごく可能性を感じるだけに、今後の進展に期待したいですねわーい(嬉しい顔)

検索してみると色々と情報が見つかりますので、
興味がある方は調べてみても面白いと思いますよ。

posted by 管理人 at 16:22 | Comment(0) | プログラミング