2010年02月12日

芸は身を助く

こんにちは、ソウタです。
ここ数日でまた急に冷え込んできましたね雪
こういう時こそ、体調を崩さない様に気をつけたいものです手(グー)

先日上野にある東京都美術館で開催中のボルゲーゼ美術館展を見てきました目
この美術展で展示されている、「一角獣を抱く貴婦人」がニュース等で取り上げられていますね。
「一角獣を抱く貴婦人」は、本来別のモチーフの絵だと思われていたもので、
修復作業の中で本来は別のものが描かれているということがわかってきた、という物です。
元々は、ラファエロが結婚した女性を描いたものだったらしく、
何らかの理由により、誰かがマントや車輪を描き足し、聖女の絵として扱われていたようですアート
詳しい事を知りたい方は、是非調べたり、実際に美術館に足を運んでみてください車(セダン)

さて東京美術館のある上野公園で、ヘブンアーティストと呼ばれる方々が芸を披露していました。
ヘブンアーティスト事業とは、大道芸人として都が認定し、ライセンスを発行する制度のことです。
ライセンスを取得していると、都が認めた場所で芸を披露することができるようになります。

私の見た芸人さんは、ディアボロでの芸とバグパイプの演奏を行っている方でした。
ディアボロは私も練習したことがあったのですが、
1つを動かすだけでも大変だったことを覚えていますあせあせ(飛び散る汗)
それを3つも動かし、投げてキャッチしたりするわけですから、
大変な技術が必要になるだろうと思います。

ただ、それらの芸もさることながら、
チラシの配布やホームページ・mixiなどで広報活動を行っていたりメモ
巧みな話術で観客の足を止めさせたり足
大道芸というもののイメージとして、芸の実力が秀でていればいいのだろうと思っていたのですが、
実際に目の前で芸をしているところを見て、他にも様々な努力が必要になるのだな、と感じました。

私も学生の頃は、プログラマーはプログラムの実力が重要で、
それ以外のものは大して必要ないのでは、と考えていました。
が、約1年間プログラマーとして仕事をしてきて、
プログラムの技術と同じくらいに、多くの力が必要だということを実感しました手(グー)
なのでこれからも、プログラマーとしての実力、
またそれ以外の部分でも大いに自分を鍛えていきたいと思いますパンチ

posted by 管理人 at 16:37 | Comment(0) | 日記

2010年02月10日

妄想

こんにちはわーい(嬉しい顔)
先日ようやくFAINAL FANTASY XIIIをクリアしたマイキーですexclamation
クリア後も頑張って強敵を狩り続け、ようやくパーティーのステータスが最大になりました!
が、まだ半数以上のトロフィーを取り残しています。100時間近くプレイしていますが、まだまだ遊ぶ余地はありそうです。
目指せプラチナトロフィーパンチ


今日はネットで面白いものを見つけたので、その紹介をしてみたいと思います。

妄想コントローラー
効果音とBGMで往年の名作を楽しめてしまうというモノ。
勿論、ゲーム画面は妄想でカバー!
発売されるタイトルは、
・ストリートファイターII
・ゼビウス
・ファミリースタジアム
の3つ。
特に、スーパーファミコンで初めて買ったゲームがストIIな私としては、非常に心躍るものがありますぴかぴか(新しい)

個人的な考えではありますが、「妄想・想像」はゲームを楽しむ上で重要なことではないかと思います。
パズルのピースを埋めていくように、想像しながらゲームをすると、普通にプレイするよりもずっと楽しく遊べます。
いまひとつイメージできない、という方は小説や詩を思い浮かべて頂ければと思います。
自分なりに妄想・想像した方が、より深く味わうことが出来ますよね。

妄想コントローラの発売まであと1ヶ月余り。
発売までの間は、妄想コントローラで遊んでいる妄想に励みたいと思います揺れるハート

posted by 管理人 at 21:13 | Comment(0) | 日記

2010年02月09日

大学生の作品提出について

こんにちは、イワムーですわーい(嬉しい顔)

ちょっと前の話ですが、年末に話題の映画「AVATAR」を観てきましたカチンコ
ストーリーもさることながら、iMax3Dの映画館まで行って観てきた甲斐あって、映像がすごく良かったです。
昨今の3D映像ってここまで表現できるんだなぁと感動しただけでなく、クリエイターとして刺激を受けました。
まだ観に行ってない方には是非オススメしたい映画ですね。是非3Dで観て欲しいですexclamation
***

さて、昨日のブログにもありますが、先週土曜日は会社説明会がありました。
ゲーム業界志望の参加者の熱い視線に、プロとして身の引き締まる思いでした手(グー)

何度か紹介していますが、ヘキサドライブの会社説明会では、
1スライドを用いたプレゼン形式の会社説明を行う第一部
2ラウンドテーブル形式の質疑応答の第二部
の二部構成で行うことが多いです。

第2部の質疑応答では、様々な質問が飛び交いますひらめき
作品提出に関してや、プログラム技術に関する質問が多いですが、
ときには非常に鋭い質問を受けることもあり、意識の高い学生さんに感心させられますわーい(嬉しい顔)

今日はよくある質問の中で、以前の日記で取り上げていなかったものとして、

「大学生で作品を提出できないけれど応募はできるのか?」
という質問に関してお答えしたいと思います手(パー)

まず結論として、応募は可能です。
ご応募いただいた方のことを窺い知るうえで、作品だけが判断材料になるわけではありません。

大学生の場合、研究内容等は個々人で大きく異なると思います。
各人が学生生活に置いて、一生懸命に取り組まれた成果をアピールしていただければ結構です。
人工知能や流体力学、自動車工学等のゲームに直結しそうな研究テーマでなくとも、入社後プロとして働いていくうえで、その人の可能性を大いに感じられるものであれば、自ずと良い結果が得られると思いますexclamation×2

私の友人に、学生時代に自主制作の映画撮影に精を出していた男がいますが、そんな経験もアピールポイントになるかもしれませんねグッド(上向き矢印)

ただし、ゲームプログラムの専門学校に通っていらっしゃる方はその限りではありません。
専門学校でゲーム制作の技術を学んでいるのであれば、それが最もアピールポイントになるはずですし、結果、精度の高い選考に繋がると考えているからです。
(作品提出に際して気をつけて欲しいことはこちらも参考にしてくださいね)


2011年度の採用活動はスタートしたばかりですが、少しでも多くのゲーム作りにアツイ想いをお持ちの方にお会いできることを願っていますパンチ



posted by 管理人 at 18:18 | Comment(0) | 採用 -お役立ち情報も-

2010年02月08日

スタッフロール

正月を迎えたと思っていたら、あっという間に2月ですね。
ちがつ」は「く」
がつ」は「げる」
んがつ」は「る」
と言われるように、日時の経過が早く感じる季節です。
気を抜くとあっという間に4月になっていそうですあせあせ(飛び散る汗)

挨拶遅れました、「オクダ」ですわーい(嬉しい顔)


先週末(2/6)は東京での会社説明会がありました。
来ていただいた学生さんありがとうございました。
有意義な情報をゲットする事ができたでしょうか?
皆さんの就職活動の役に立てればと思ってます。
有効活用してくださいね。
今週末(2/13)は大阪でも開催します。
一生を決める就職活動。
悔いのないように頑張ってくださいexclamation×2


皆さんの夢や目標は何ですか?
このブログを見てくださっている方々には
ゲームゲームクリエーターぴかぴか(新しい)と言う人も多いと思います。
ゲームクリエーターは職業であって夢や目標ではなく、あくまで通過点にすぎないと思います。
ですが、直近の目標という事で、業界を目指してくれるのはうれしいですね。

私の目標もそうでした。
ゲームのスタッフロール(クレジットタイトル)に名前が載るのを目標の一つにしていました。
その目標は既に叶えられたのですが、
これからもより多くの作品(商品)に参加し、よりよいモノを提供し続けたいと思っています。

そんな気持ちでゲームを作っている私は、映画のエンディングクレジットも最後まで見ます。
映画の余韻に浸りながら、テーマ曲を聴きながらクレジットを見る事は、
作品に対する礼儀ではないかとも思っています。
作品には多くのキャストやスタッフ、企業が参加しています。
彼らに敬意を表す意味でも最後まで見て欲しいです。

我々の作っているゲームは商品であり、作品ではないという見方もありますが、
作品としての側面も持ち合わせているのは間違いないと思います。
そして作品として胸を張って提供できるように日々頑張っています。
ゲームクリエーターという目標を通過した先にも、多くの頑張りが待っています。
就職する事自体ももちろん大事ですが、
就職後も活躍できるよう準備も怠らないでくださいね。


posted by 管理人 at 18:17 | Comment(0) | 日記

2010年02月05日

合体っ!

最近は、4月並みの暖かさ晴れになったり、いきなり冷え込んだり雪と不安定な気候が続いていますね。
こんな時こそ体調を崩しやすいものです。ちなみに、私はちゃんと風邪を引きましたふらふら
早く治さないと駄目ですね・・・・
こんにちは、ハラです。

今回は、何回かぶりにRubyについて書いてみたいと思います。
以前、色々な種類のテキストデータを読み込み、バイナリデータとして出力する方法を書いてみました。
続きとして、その出力したバイナリデータを合体exclamation×2して、1つのファイルにしてみたいと思います。

サンプルとして、「3つのファイルを読み込み、ファイルサイズを付加して中身を繋げる」スクリプトを
書いてみますメモ
 # 繋ぎ合わせるファイルの名前
fileNameArray = ["file1.dat", "file2.dat", "file3.dat"]

# 書き込み先のファイルをバイナリで開く
File.open("result.dat", "wb") do | dstFile |
# 繋ぎ合わせるバイナリファイルを順に開く
fileNameArray.each do | fileName |
File.open(fileName, "rb") do | srcFile |
# データを読み込み
data = srcFile.read

# データサイズを書き込み
dstFile.write [data.size].pack("L")

# データを書き込み
dstFile.write data
end
end
end

実行して貰えれば、3つのファイルを繋げた1つのファイルが出来上がることが確認できると思いますひらめき

このスクリプトでは、読み込むファイルを固定していたり、
ファイルの中身に関する情報がサイズしかありませんバッド(下向き矢印)

読み込むファイルを「指定したディレクトル内のファイル全部」に変えたり、
ファイルサイズの直後にファイルの種類を追加したりすれば、
さらに汎用性が増していきますねグッド(上向き矢印)


ちなみに、複数のファイルを1つのファイルにする理由は色々あるのですが、
その1つに「少ないファイル数の方が、読み込み時間が少なくなる」というのがあります時計

例えば、10000バイトのファイルを1つ読み込むより、
100バイトのファイルを100個読み込む方が多く時間がかかりますたらーっ(汗)

提出作品をハードディスクから実行する場合は、さほど気にならないかもしれません。
ですが、極端にファイル数が多い場合や、CDCDから実行した場合などは、
ファイル数を減らす事による読み込み時間の減少を実感できると思います。

今は役に立たなくても、いつか役に立つかもしれませんよ?
良ければ、頭の片隅にでも覚えておいて下さいな。

posted by 管理人 at 10:39 | Comment(0) | プログラミング

2010年02月04日

思考整理

こんにちは!マーシーです。

今日は以前ブログで話題に挙がった人間ドックを人生初体験してきました目
胃の内部を検査するためにバリウムを飲んだのですが、
やっぱりおいしくなかったですもうやだ〜(悲しい顔)

さて、今回は本の紹介をしたいと思います。






例えば、夜悩みに悩んだ問題が、翌日の朝にあっさりと解決したり、
逆にいいアイデアひらめきが浮かんだのに、次の日もう一度考え直したら、あまりいいアイデアではなかったりしてがっかりもうやだ〜(悲しい顔)したことってありますよね手(グー)

この本の中には、この現象に対する一つの答えがあります。

曰く、「思考は寝かせる」ことが大事だそうです眠い(睡眠)

人は夜寝ている間に、その日あったことの大部分を忘れ、
そして、自分にとって必要な情報だけを精査して残す性質があるようです。
で、朝は精査した情報以外に情報がない状態ですから、無駄な思考を省くことができますexclamation

本の作者は、自分の頭が一番回転するのは朝ご飯を食べるまでの時間なので、その時間を少しでも長くするため朝をブランチにし、さらに食後は昼寝をして、もう一度朝の状態を作り出すなんてことをやっているそうですあせあせ(飛び散る汗)

流石にそれはやり過ぎだなぁと感じながらも、最近昼ご飯の後に少し睡眠をとるようにしました。
睡眠をとることで頭がリセットされ、昼からの仕事に集中できるようになった気がしますわーい(嬉しい顔)

他にも、一つの分野に目を向け過ぎると、意外とその分野で力を発揮できなかったり、
知識を増やすばかりではなく、捨てることも大事であるといったことが書かれていました。


難問に足をとられ、夜遅くまで考え続けることがある人は、一度この本を読んでみて思考の整理法を試してみてはいかがでしょう?
もしかしたら、思った以上に簡単にクリアできる問題なのかもしれませんよぴかぴか(新しい)

posted by 管理人 at 20:17 | Comment(0) | 日記

2010年02月03日

積もり積もって・・・

こんにちは。さいやん、こと齊藤です。

今週に入ってからとても寒い中、みなさん風邪などひいておられないでしょうか。
昨日は自宅(横浜)や会社(品川)の周りでも道路に積もるほどの雪が降り、ますます寒さが身にしみます雪
東京に出てくるまでずっと関西だったんですが、私の住んでいた地域は積もるほど雪が降ることはほとんどなかったので、なんだか新鮮だったのでちょっとはしゃいで手に取ったりしてしまいました。
_IMG_0759.jpg
さすがに冷たかったですふらふら

雪が残る寒空の下、昨日は健康診断を受けてきましたわーい(嬉しい顔)
積もり積もった一年の生活習慣の中で不摂生をしているとこの機会に警告されることになります。
社内でもスタッフの健康管理の一助になればと通常では高額な人間ドックに会社から補助が出ることになりましたので、少しでも不安のある人はこの機会にと受診しています。
何事も健康であることが大切ですので、日々の生活から気をつけていきたいものですパンチ

さて、予報では今週は寒い日が続くようですが、今週末の2月6日の土曜日には東京でヘキサドライブの2011年新卒者向け会社説明会を開催しますイベント
(大阪は翌週末土曜日の2月13日開催予定です)
おかげさまでご好評につきリクナビで受け付けているエントリーは満席という状態が続いていますが、よりたくさんの方に参加して頂くべく事前に参加の可否を確認させて頂いて、その際に予定が合わない人についてはキャンセルで空席が出る場合がありますexclamation
満席であきらめていたアナタも、こまめにチェックすることで空席をGETできるチャンスですexclamation×2
ゲーム業界を目指す上でまだまだ知りたいことがたくさんあるかと思います。
業界に対する積もり積もった思いや疑問を直接業界の人にぶつけるまたとない機会ですので、是非ともご参加をお待ちしています。
寒い時期ですが、体と質問をあたためておいてくださいグッド(上向き矢印)

posted by 管理人 at 14:33 | Comment(0) | 日記

2010年02月02日

ガッチリ連携

こんにちは。
子育て奮闘中のイノウエです。

先日の日曜日、初めて子供を連れてショッピングモールに行きました。
とても楽しかった反面、とても疲れてしまいましたふらふら
ベビーカーだとエレベーターを探して遠回りしなくてはならなかったり、
おむつを換える場所が混んでいる上、あちこちから泣き声が…あせあせ(飛び散る汗)
改めて子育ての大変さがわかりましたが、
めげずに、楽しみながら、よい家庭を築いていきたいと思いますグッド(上向き矢印)


さて、ヘキサドライブ東京開発が出来てから、もうすぐ3か月です。
いつの間に3か月も経ったんだろう…という気分ではありますが、
それだけ充実していたという事ですねぴかぴか(新しい)
楽しい時間は、あっという間に過ぎてしまいます。
(面白いゲームをプレイしている時間も、あっという間ですね!)

以前、大阪東京間でずっとビデオチャットをつなぎ、
楽しく連携している
事について紹介させて頂きました。
この取り組みはずっと続けているのですが、
さらに本日、全員でビデオチャットの前に集まり、
お互いの状況を確認し合う会が開かれました晴れ

前月の報告と、今月の予定をひとりひとり話していく…
という流れにとどまらず、開始前の社長の一言から、
ひとりひとり面白い事も話すという流れにexclamation
恐ろしい無茶振りな感じもありますが、そこは関西発の会社。
最近あった出来事を話しつつ、うまく笑いを巻き起こしますわーい(嬉しい顔)
(うまく言えなくても厳しく咎められたりはしません。
 ヘキサに入ろうと考えている方はご安心を…いい気分(温泉)

小一時間という短い時間ではありましたが、
お互いの状況がよくわかり、お互いの雰囲気もつかめ、
ヘキサドライブの仲が深まったかと思いますグッド(上向き矢印)
今月末には創立記念イベントもありますので、とても楽しみでするんるん

今後も大阪東京間の連携を深め、良い環境、雰囲気の中で、
より良いゲームを作り出せるよう、努力していきます手(グー)

posted by 管理人 at 18:01 | Comment(0) | about ヘキサ

2010年02月01日

第5回 関西ゲームデベロッパー交流会!

こんにちは。
松下です。

先週末は『第5回 関西ゲームデベロッパー交流会』を開催しました!バー
第5回目となる今回は、29社、2大学、合計65名での開催となりました。

20100201_kansaievent.jpg

お忙しい中参加頂きました各社様、ありがとうございます。
また、今回スケジュールが合わず参加頂けなかった皆様、
是非次の機会にお会いできれば、と思います。

さて、毎回書いておりますが、改めて。
関西ゲームデベロッパー交流会は、
『関西にあるゲーム制作関連会社で、関西をもっと盛り上げていこう!』
という趣旨のもと、『まずは飲み会から』という形で開催しております。

今回も新たな会社様が増えまして、
第1回目からの通算を調べたところ、46社3大学となる事が分かりました。
関西のゲーム関連会社様は、私が存じ上げないのでお声掛けできていない会社様もまだまだあります。
多分ですが、50社を超えるのではないでしょうか。
それだけの会社があれば、
「一社一社の力は小さいけれども、一つになれば、無敵」
…とまでは行かなくても、何か出来るのでは無いかと思っています。わーい(嬉しい顔)

会場でも発表させて頂きましたが、
より関西を盛り上げていくために、
交流会以外に、より具体的な展開を考えていきます。手(チョキ)

まずは、ホームページ。
blogを中心に色々な情報を出していければ良いかな、と思っています。ひらめき
例えば、
専門的なゲーム会社の仕事を分かり易く説明したり、
クリエイターズバトンなど、現場で働くクリエータのインタビューや、
インターンなどの採用情報、自社製品の紹介やイベントの告知など。
こういった取り組みで、まだまだ知名度の高くない関西の会社の知名度を上げ、
盛り上げる事が出来るのではないかと思っています。手(グー)

関西のゲーム関連会社様と協力して、
今年は色々と仕掛けていこうと思います。

ご期待下さい!

posted by 管理人 at 15:34 | Comment(0) | 交流会