2009年08月05日

夏にバテない

こんにちは!マイキーですexclamation×2

連日のように真夏日が続き、もうすっかり夏本番ですね晴れ
夏といえば花火と甲子園、そしてうだるような暑さ!
今年は冷夏と言われているものの、大阪では真夏日が続いています。
オフィスから一歩外に出れば、強烈な日差しと照り返しで5分と経たない内に汗だくに・・たらーっ(汗)

そんな暑い日が続いて居ますが、皆さんは「夏バテ」していませんか?
夏バテとは
・高温多湿の中、体温を正常に保とうとして体に過負荷がかかってしまう
・空調の効いた室内と屋外との急激な気温の変化
これらに起因して、自律神経がバランスを崩し体温調節がうまく出来なくなってしまった状態のことです。

この状態が長く続くと、体のだるさ、思考力の低下、食欲不振、下痢・便秘など様々な症状が表れます。

体がだるくて頭はぼんやり、これでは何も出来ないじゃないですかふらふら
そこで今回は、夏バテ対策を調べました!

1.水分を十分に取る
基本ですが、重要です。
夏になると一日で数リットルもの汗をかきますので、それを補うだけの水分を摂取しなければなりません。
加えて発汗によって失った塩分も補給しなければならないので、スポーツドリンクを飲むとちょうど良さそうです!
ここで注意しなければならないのは「冷たいものを大量に飲まない」という事です。
冷たい飲み物は、水分・塩分が不足し疲弊している消化器官に大きな負荷を与えてしまうとのこと。
がぶ飲みしたい気持ちはありますが、ここはぐっと堪えて少しずつ飲みましょう。

2.食事をしっかり取る
体温を調節するために汗をかく訳ですが、それによって大量のエネルギーを消費してしまいます。
水分と同じくエネルギーも、消費した分補給しなければなりません!
「暑くて食欲が・・・」という事もあるかもしれませんが、調理方法や食べ方に工夫をしてエネルギーを補給しましょう。
ちなみに僕は、冷しゃぶ(豚)や豚のしょうが焼きで夏を乗り切っています。
作るのも楽です手(チョキ)

3.冷房を効かせすぎない
先述しましたが、夏バテを引き起こす原因に屋内外の温度差があります。
この温度差を小さくして、体に負荷をかけないようにするという訳ですね。
目安として、外気との温度差が5℃以内になるように設定すると良いようです。
ちなみに、ヘキサドライブは空調とサーキュレータ、そして開発機器によって絶妙な温度に保たれています!

4.しっかり寝る眠い(睡眠)
寝不足は体力不足へと繋がり、確実に夏バテへの道を歩む事になってしまいます。
しかし、夏ですので夜の気温も高くなり、どうしても睡眠時間が短くなってしまいがちです。
冷房をかけるのもぐっすり眠る為には有効な手段ですが、それ以外にも
・除湿をする
・お風呂に入る(体を温める)
・軽い運動をする
などが有効なようです。


ゲーム制作は頭を使う仕事ですので、体力よりも気力・精神力といったイメージがあるかもしれません。
ですが、気力・精神力を支えるのは体力です。
しっかりと体調を整え、十分な体力をもって勉強に、そしてゲーム制作に取り組んでいきましょう!

posted by 管理人 at 15:29 | Comment(0) | 日記