2009年01月08日

日本発、世界へ

こんにちは。さいやん、こと齊藤です。

昨年の後半から世界的に景気が急激に冷え込み、世界的大不況とも言われるご時世ですが、そんな中昨年末に発売された「Call of Duty: World at War」や「Gears Of War 2」などはともに全世界で400万本exclamationを超えるセールスを記録しています。
いかに不況下と言われても、エンターテインメントの産業はなくなりませんし、こういうご時世だからこそゲームの力で世間を明るくひらめきしていきたいと思っています。
上記に挙げたソフトが日本発でないのは残念ですが、これらのソフトを超えるコンテンツを世界へと発信していけるように頑張っていきますexclamation×2


確かに海外の制作やプロモーション手法には優れているところも多く、取り入れるべきところも多いかもしれません目
GDCやCEDECといったカンファレンスでもその成功例等の優れた手法について紹介されたりもしていますし、それらの良さや効果を学ぶこともできます。
だからと言って全く真似してしまうのでは日本ならではの良さが失われてしまいますし、日本の規模や習慣と合わないところもあります。海外と日本、それぞれの良さを融合させた、独自のノウハウが必要になってくることでしょう。

そういう意味では日本でも各社間で技術交流やノウハウの共有をできる範囲で行い、また産業としての成長を促進するためには行政とも協力し、次世代の技術開発や人材の育成では大学等の教育機関とも連携を行い、業界全体のレベルアップ右斜め上を図っていく必要があるのではないでしょうか。

ヘキサドライブはまずは身近なところから関西ゲームデベロッパー交流会という情報交換の場を主催していますが、こういった取り組みを皮切りに様々なことにチャレンジパンチして、業界全体を盛り上げていきたいと考えています。

海外に目を向ければ、フランスやカナダではゲーム業界への税制の優遇など国をあげてのバックアップ体制があるところもあります。
日本ではまだそこまでの仕組みはありませんが、大阪でも、ひいては全国的にゲーム産業を盛り上げていけるようにひとつずつ努力を積み重ねていきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

posted by 管理人 at 14:47 | Comment(0) | 日記