2008年08月26日

第弐回天下一カウボーイ大会

こんにちは、松下です。

さて、今日は一昨日の日曜日にありました、
第弐回天下一カウボーイ大会
のお話です。

天下一カウボーイ大会」とは、
コンピュータを使ったロデオ(プレゼン)で、人々をアッと驚かせる!(人々に幸せのビジョンを見せる)
というようなコンセプトのイベントです(多分)。

ヘキサドライブは、勿論ゲーム制作がメインの仕事なのですが、
こういったトンガッたモノから受ける刺激は、非常に重要なのです。手(グー)


潟Lューエンタテインメント水口哲也さんのスバラシイ基調講演から始まって、
それぞれ個性的なカウボーイ達のロデオ。

個人的には、潟ビキタスエンターテインメント研究員の近藤氏がプレゼンした、「UEIpong」(いわゆるpongです)と繋がるブロック崩しがグッと来ました。
UEIpongには、一切手を加えず、通信しているデータをハックすることで、別の端末ではブロック崩しをするというモノです。

たしか「ゲームポリモーフィズム」と名付けられていたと思うのですが、共有し通信されるデータのフォーマットをそろえておけば、
例えば、シムシティで街を作り、そこをマリオカートで走る…という事も出来るのではないか?という考え方を提示されていました。

北米では、FPSなどでのMOD文化があり、
公開されているデータを元に色々改造するという事もメジャーになっていますが、
全く異なったゲームを融合させる事が出来れば、より面白いかも知れません。


他にも色々と刺激的なロデオがありましたが、またDVDも出るようなので、興味のある方はそちらを購入して頂くのも良いのではないでしょうか?


大会後には、「altyParty」という懇親会(という位置付けで良いのだろうか?)があり、
非常に豪華な食事やビンゴ大会などがありました。
(ちなみに、altyさんは、Bio_100%の代表で現在は、株式会社アノドスの代表。ANOBARというデジタルデバイスを発表している。)

お土産も豪華でした。
プログラマーのソウルフードはカレーでしょ!」ということで、「CyberSpaceCurryboys」。
COOLなパッケージです!
20080826_curry.jpg

そして、気になる中身は・・・?
20080826_curry2.jpg
なんというか…。
キテます。
味は非常に美味しいですが、食欲はそそられないかも知れません・・・。


私たちも素晴らしいロデオを皆さんに発信していけるように
日々、技を磨いていきたいと思います!


posted by 管理人 at 15:32 | 日記